ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

えっ、いつから虹は「七色」になったの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
えっ、いつから虹は「七色」になったの?

雨上がりに空に現れる、7色の虹。

現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。

書籍『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』を読むと、いかにして虹が7色に数えられるようになったのか、さらに国ごとの色の呼び方や数の違いがまとめられていました。

ちょっとオドロキです。

そもそも「虹」って
なにもの?

えっ、いつから虹は「七色」になったの?

虹は、空気中の水滴で太陽の光が分光されて起こる、光学的な現象です。一見透明な太陽光ですが、じつは様々な色の光で構成されていて、ちいさな雨粒に当たると屈折や反射をし、波長ごとに方向を変え、虹を作り出します。

比較的観察しやすい主虹の色は、外側から内側へ赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順ですが、その上にかすかに見える副虹は、この逆に並びます。

旧約聖書・創世記の『ノアの方船』では、大洪水後の場面で、神が空に虹を架けます。これは神の許しと愛のメッセージであり、神と人との永遠の契約を象徴するとされました。

また、シェイクスピアの戯曲『ジョン王』では「虹の七色にさらに一色を加えるのは無駄で滑稽で余計なこと」という台詞があり、虹が完全無欠の象徴であったことがうかがえます。

厳密に言うと
「7色」ではない?

先ほど、虹の色は7色であるかのように述べましたが、実際はグラデーションで、色を個別に捉えることは困難です。そのため、時代や地域によって、色名が異なります。

たとえば奄美では赤と青の2色、キリスト教では青・赤・緑、アリストテレスは赤・緑・青に加えて、2次的に他の色が現れる場合がある、と述べています。

また、イスラム教では四大元素に対応する赤・黄・緑・青とされ、イギリスの伝承童謡『マザー・グース』には紫・黄・赤・緑の4色が登場。司馬江漢は『和蘭天説』で、黄色・紅色・緑色・紫色・青色と記述していて、鎌倉幕府のことが書かれた『吾妻鏡』では、「五色の虹」に、赤色と紅梅を別の色として見出しています。

一方、青との微妙な差のためか、藍を欠いて6色とする地域も。このように、地域によって様々な解釈があるのです。

「7色の虹」と
「7音階」の意外な関係とは?

文化や言語で見ると、色相はどのように区別されてきたのでしょうか。たとえば、虹を2色と見る文化では、赤から黄の色相と、緑から青、紫への色相とを2分割で表現しています。ヨーロッパではキリスト教の三位一体の「3」、中国では五行説の「5」といった数による分類体系の影響も指摘されています。

17世紀イギリスの物理学者アイザック・ニュートンは、太陽光をプリズムで分光し、虹色のスペクトルを得ました。当時、数学や天文学と並んで音楽が権威ある科目だったため、著書『光学』でも7つの音階を意識して、虹を7色と述べたとも考えられます。

虹を7色とする考えが世界的に広まったのは、この『光学』発売以降のことなのです。えっ、いつから虹は「七色」になったの?『色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬』監修:城一夫、著:色彩文化研究会(青幻舎)

お正月・ひなまつり・七夕…古くから日本に伝わる数々の行事。これらにまつわる色とその由来とは?さらにクリスマスなどの海外の伝統的イベントにも色にまつわるルーツが。色彩研究者により結成された「色彩文化研究会」が、ビジュアルとわかりやすいテキストでその歴史を徹底解説。「知っておきたい」日本文化や色の知識を豊富に収録した、まさに「色の辞典」ともいえる一冊。

関連記事リンク(外部サイト)

ナニコレ!?「色のない虹」がアメリカ中西部で目撃される
世界中の人から愛される色「タータン」の秘密を知っていますか?
虹色に輝く宝石「ヴァージン・レインボー」が南オーストラリアで発掘された!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。