ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボーダーを着て行くと「良い事」だらけの鎌倉のフェス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ボーダーを着て行くと「良い事」だらけの鎌倉のフェス
J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「WEEKLY SUMMARY」。5月13日(土)のオンエアでは、鎌倉で行われるユニークなフェス「ボーダーフェスティバル」について紹介しました。

5月14日(日)に行われるこのイベントについて、実行委員長の益田尚さんにお話をお聞きしました。

「ボーダーを着て鎌倉の由比ヶ浜通りに遊びに来ていただいたお客様に、各お店が何かサービスをしましょう、というものです」と益田さん。今年はなんと107店舗が参加、いくつかのお店では店頭でワークショップやライブ、フリーマーケットも行われるそうです。

鎌倉から江ノ電に乗って長谷や江ノ島に行く人が多いのですが、由比ヶ浜通りを歩いてもらおうということで企画したそうです。由比ヶ浜通りの特徴は、洋服屋さんや雑貨屋さん、カフェなど、古都・鎌倉を売りにしていないお店が多いのと、海の近くにあるということで、「この通りにボーダーが似合うんじゃないかと思って、ボーダーをドレスコードにしたイベントにしました」(益田さん、以下同)

今年で4回目になるのですが、この日は通りがボーダーだらけになるそう。ボーダーを着て行くことでサービスを受けられるお店は、店先に“チビボーダーTシャツ”が飾られているので、それを目印に足を運んでみてください。さらにイベントでは「ベスト・ボーダー賞」という写真のコンテストも開催されるので、それに合わせたコーディネートを楽しむ人も多いそうです。

「ベスト・ボーダー賞」は、優勝に輝くとすべての参加店で使える1万円分の商品券がもらえるそう。そして当日はボーダーを着ていなくても、その場でボーダーTシャツを作れるワークショップもあるのだとか。興味はあるけどボーダーを持っていないという人も現地でゲットできるというわけ。横山からは無地のTシャツにマーカーでボーダーを書いて作っちゃうのもいいのでは? なんて案も(笑)。

というわけで、日曜日はボーダーをまとってぜひ由比ヶ浜に遊びに行ってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。