ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だからこそ知っておいてほしいブラジャーがあるのです。

それは、メキシコ出身のJulian Rios Cantu君がCEOを務める「Higia Technologies」が開発したもの。お母さんへの愛がきっかけで発明されたこのブラジャーは、多くの女性を守るために作られました。

「13歳のとき、
母を失いかけたんです」

「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

「僕が13才のとき、母は乳がんの診断を受けました。2回目でした。腫瘍は半年もしないうちに米粒からゴルフボールの大きさになりました。診断を受けるのが遅かったこともあり、両胸を切除しなければいけなくなり、命を失いかけたのです」

映像のなかでお母さんへの思いを語るJulian君。自分と身近な大切な人に起きた悲痛な経験こそが、がんを探知できるブラジャー開発の原動力だったのです。既存の検知方法より少しでも早く見つけられるように…。

年に1回の検診じゃなく
週に60〜90分

「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

それにしても、着けるだけで一体どうやって検知できるのでしょう?

じつはこのブラジャーには、触れることで質感、色、温度、そして胸と胸周りを認識できるセンサーがついています。週に60〜90分使用して定期的に検査することで、正確な診断をすることに繋げられるということです。

データはアプリと連動し「Higia Technologies」が行う特別な計算方法などにより分析され、毎週本人に診断が送られるのです。

「Higia Technologies」によると、これまでの診断方法と比べて「95%のタイムギャップ」を埋められるのだとか。

若い起業家に
メキシコ大統領も激励

「乳がん探知ブラ」。開発したのは13歳のときに母を失いかけた大学生

Higia Technologiesのメンバー。右から2人目がJulian君。

このブラジャーはまだ試作段階ですが、大学生らの起業を後押しする「The Global Student Entrepreneur Awards (GSEA)」で優勝。メディアにも取り上げられ、これから商品開発の面でも企業としての成長面でも、さらに飛躍していきそうです。

これにはメキシコ大統領も「#TalentoMexicano(メキシコの才能)」というハッシュタグを付け、彼らを称えたほど。Licensed material used with permission by Higia Technologies

関連記事リンク(外部サイト)

乳がんを早期に発見するための「セルフチェック方法」とは?
もしも自分の子供が大きな病気を抱えていたら…。「母の強さ」を描いたCM
男手ひとつで育ててくれたお父さんへ。娘が「母の日」に送るメッセージ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。