体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?
健康と美容の意識が高くダイエット好きな女性が、気持ちのメリハリをつけるために行う、最近話題の「デブ活」とは一体どういうものでしょうか?

今回はそんな「デブ活」の効果や注意点について医師に詳しく解説していただきました。

デブ活とは

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?
一般的に、普段は美容や体型維持を意識した健康的な食事をしている女性が、たまにカロリーや栄養の偏りを気にせずに好きなものを好きなだけ好きな時間に食べ、その様子を写真にとってSNSに投稿する行為を指します。

ヘルシー系食事の落とし穴

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?
若い女性が理想とするヘルシー系の食事とは、カロリーだけでなく、味付けや見た目にもこだわり、生野菜や果物をたっぷり含んだメニューとなり、以下のような点が懸念されます。

お金と時間に負担

いわゆる「意識高い系」、つまり十分な知識を持ち、かつおしゃれな食生活を維持するためには、お金も時間もかかり、外食をするにもお店やメニューの選択に苦労します。

栄養不足

ヘルシーをストイックに続けると、カロリー、タンパク質、脂質が不足することもあり痩せすぎにもつながります。ふらっと牛丼屋やファストフードで済ますというわけにもいかないため、毎日毎食ヘルシーを意識するのはメンタル的にも疲れてしまいます。

デブ活の効果

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?
気分を開放し、友人とわいわい楽しく食べることでストレス解消にもなります。

また、たまにデブ活をすると決めたら、それ以外の日の食事をヘルシーに抑える励みになったり、仕事を頑張る活力にもなるかもしれません。

デブ活の注意点・懸念点

女性の間で話題の「デブ活」 SNSを活用した食事法とは?

摂食障害

大量に食べた後で、罪悪感や太ることへの恐怖感からわざと嘔吐しようとしたり、たまにではなく連日大量に食べてしまう、もしくは普段極端な食事制限をしていて、その反動でドカ食いしてしまう、というようなことがあれば、摂食障害も考えられます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会