ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ライバルの影響強し、スペーシアカスタムもデカグリル顔に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲ドーンと押し出しの強い、大型グリルが与えられるであろう次期スペーシアカスタム。控え目でモダンな印象を捨て去り、競合車に負けないギラギラとしたイメージに仕立てられる。軽量プラットフォームを採用

▲ドーンと押し出しの強い、大型グリルが与えられるであろう次期スペーシアカスタム。控え目でモダンな印象を捨て去り、競合車に負けないギラギラとしたイメージに仕立てられる。軽量プラットフォームを採用

ライバルの後塵を拝する、スズキ スペーシア

2016年12月に、スペーシアカスタムに押し出しの強いモデル、カスタムZを追加したスズキ。この期に及んでボンネットフードやフェンダーパネル、ヘッドランプまで作り直したわけとは。次期型スペーシアカスタムにもこの顔つきは継承されるのだろうか。

▲現行スペーシアカスタムには、アクリルのガーニッシュとメッキグリルが用いられるが、N-BOXやタントカスタムに比べると、おとなしい印象は否めなかった

▲現行スペーシアカスタムには、アクリルのガーニッシュとメッキグリルが用いられるが、N-BOXやタントカスタムに比べると、おとなしい印象は否めなかった

▲ライバル対策からか、モデル末期であるにも関わらず、2016年12月にノーズを丸ごと作り替えられたカスタムZが投入された

▲ライバル対策からか、モデル末期であるにも関わらず、2016年12月にノーズを丸ごと作り替えられたカスタムZが投入された

スズキは、軽ハイトールワゴンにスペーシアを投入。スマートな路線を突き進もうとしたが、そこにはあまりニーズはなかった。強豪、ダイハツ タントに歯が立たず、加えて新たな刺客、ホンダ N-BOXも現れて大空間ワゴン市場で本領を発揮できないまま苦渋をなめている。

タントとN-BOXが、絶大なネームバリューを誇っていることは説明するまでもなく、ここにスペーシアが割って入るのは相当な課題のようだ。

▲軽ハイトールワゴンのさきがけとなった、ダイハツ タント。Bピラーレスの大開口を実現した助手席側スライドシートなど、子育て世代のパパやママに圧倒的な支持を得ている

▲軽ハイトールワゴンのさきがけとなった、ダイハツ タント。Bピラーレスの大開口を実現した助手席側スライドシートなど、子育て世代のパパやママに圧倒的な支持を得ている

▲ホンダの軽改革、Nシリーズにおける軽ハイトールワゴンとして登場したN-BOX。カスタムはご覧のとおり、ギラギラとした肉食系な顔つき。市場での反応もすこぶる良い

▲ホンダの軽改革、Nシリーズにおける軽ハイトールワゴンとして登場したN-BOX。カスタムはご覧のとおり、ギラギラとした肉食系な顔つき。市場での反応もすこぶる良い

メッキルーバーが並ぶインパクトある顔つき

スクープ班が入手した、次期スペーシアカスタムの断片的な情報によると、フロントには、冒頭の写真にあるような大型グリルが備わるという。追加されたスペーシアカスタムZに似た表情が与えられるのだろう。

切れ長ヘッドランプとリブ状にデザインされたメッキルーバーが並び、軽自動車とは思えないボリューム感が醸し出されるに違いない。

▲カスタムだけではなく、マイルドさが魅力的な標準車もラインナップされる。カスタムとともに、2017年の東京モーターショーで先行披露される公算が大きい

▲カスタムだけではなく、マイルドさが魅力的な標準車もラインナップされる。カスタムとともに、2017年の東京モーターショーで先行披露される公算が大きい

メカニズムも進化

周知のとおり、スズキは現行アルトから、軽量プラットフォーム、「ハーテクト」を実用化しており、ラパンとワゴンRにも用いて着々と商品ラインナップの世代交代を進めている。このシャシーは、次期スペーシアにも流用され、100kg近い軽量化が実現する可能性もある。元来ボディが大きく車重が重い大空間ワゴンで、重量軽減が実現できれば、燃費と走りの両方が改善されて商品力は上がるはずだ。

パワートレインには、現行モデルのSエネチャージを進化させたマイルドハイブリッドが与えられる。停車時からのクリープをモーターだけで実現し、カタログ燃費は33km/Lに迫るかもしれない。

次期スペーシアは、2018年初頭に発売される公算が大きいが、その前に東京モーターショーに参考出品され、ティーザー活動が行われるかもしれない。なんといっても、2017年夏には、ライバルであるN-BOXがモデルチェンジされるため、スズキとしては先にスタートダッシュを切る強敵に遅れを取りたくないはずだ。

※2017年5月13日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2018年1月

■全長×全幅×全高:3395×1475×1735(mm)

■搭載エンジン:660cc 直3text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、スズキ、ダイハツ、ホンダ

関連記事リンク(外部サイト)

最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート)
【どんなクルマと、どんな時間を。】フィアット パンダ(初代) × 湘南の街並みに映えるオシャレなファミリー
高年式・好条件のイカしたドイツ車をお手頃予算で? ならば200万円台のCLAシューティングブレーク!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。