体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

袋入り焼きそばを切って巻く。「肉巻き焼きそば」がうまい!

袋入り焼きそばを切って巻く。「肉巻き焼きそば」がうまい! f:id:Meshi2_IB:20170428152349j:plain

焼きそばとは、なかなかに魅惑的な食べ物だ。

日曜の昼下がりにかきこんで食べるのもいいし、深夜に背徳感と一緒に具なし焼きそばをひっそりと食べるのもいい。お祭りの日に食べる紅ショウガたっぷりの焼きそばも捨てがたい。

食べたとき、唇についたソースをあとからなめるのもなんだかいい(お行儀が悪くてすみません)。

しかし、そんな焼きそばの概念を覆すようなレシピが存在する。その名も「肉巻き焼きそば」。レシピ名だけでどんな料理かはなんとなく想像がつくはず。普通の焼きそばよりもなんだかボリュームがあって食べ応えがありそうだ。

というわけで早速作ってみた

f:id:Meshi2_IB:20170428152530j:plain

用意するのは、スーパーなどで売っている焼きそばの麺とばら肉。

f:id:Meshi2_IB:20170428152614j:plain

まずは、袋に入った焼きそばを6等分にカットする。

f:id:naruse_e:20170331171511j:plain

カットした焼きそばを肉で巻いていく。

焼きそばの麺はまとまっているので簡単に巻ける。

ここで、全て同じ味だとちょっと味気ないかと思ったので、少々アレンジも加えてみよう。

f:id:naruse_e:20170331171530j:plain

1つは大葉。

大葉と合わない食材はないと信じてやまない。肉と麺の間に挟んで食べたら、絶対おいしいはずだ。

f:id:Meshi2_IB:20170428152749j:plain

もう1つ用意したのがチーズ。

チーズと合わない食材はな……(以下略)。

以上、大葉入りとチーズ入りのものも作ってみることに。

包丁でカットしたときにボロボロになった麺でまな板の上が荒れているが、もったいないので細かくなった麺も上手に肉の中におさめて丸めていく。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。