ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

普段使いからパーティー仕様まで!シンプルがかわいいお花アレンジをシニヨンヘアに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
普段使いからパーティー仕様まで!シンプルがかわいいお花アレンジをシニヨンヘアに

シンプルなお花アレンジだから、普段使いができます

髪の毛でお花を作っちゃう「お花アレンジ」は話題沸騰のヘアアレンジ!
今回はその中でもお花をシニヨンにした上級者スタイルを紹介します。お花アレンジというとパーティーヘアのイメージが強いですが、このアレンジはシンプルなお花アレンジです。
洋服の派手さが控え目のイベントでも気品を感じさせてくれますよ。シックな洋服に合わせて、普段使いしても良いですね。

裏編み込みを巻くだけで、憧れのお花アレンジができますよ

① 髪は肩下まであればアレンジできます。ストレートスタイルでもパーマスタイルでも平気です。今回のモデルさんはローレイヤー(低い位置に段があるヘア)でセミロングヘアの方にお願いしました。

② 7:3の割合で分け目を作るように、トップ (頭頂部)の髪をブロッキングします。顔から頭頂部までジグザグに髪を分け取ります。

③ 前髪から左耳の後ろまで、裏編み込みの片編み込みで編んでいきます。裏編み込みは、3つに分けた毛束のいちばん端の毛束を、下の髪をすくいながら隣の毛束の下を通して中央に持ってくるように編みます。片編み込みなので、編み込みの外側(右)の髪だけすくって編みます。襟足は首元で編んでいくのがポイントです。

④ 左サイドの髪は後ろへもっていき3にすくって編み込み、ヘアゴムで毛先を留めます。毛先まで編むと、留める際に毛先が目立たないのできれいに見えます。

⑤ 円を描くように編み込みを後頭部で時計回りに巻き、アメピンを差して固定します。(写真のUピンの位置です)ここがお花部分になります。ポイントは少量のアメピンで留めることで、後で髪を引き出す際にボリュームが出ます。

⑥ 仕上げに編み込みの部分を引き出し、ルーズに崩していきます。トップの髪も引き出してあげるとルーズ感が引き立ちます。

アクセサリーがなくても印象の良いスタイルです

ヘアアクセサリーを付けなくても作れるのが、このヘアアレンジの良いところ! 
派手過ぎず、地味過ぎず、適度な品の良さが大人女子にぴったりです。ちょっと上品な休日を過ごしたい時やママ友との集いなど、目一杯気合いを入れないで良いシチュエーションでお試しくださいね。

美容師/谷口 博(SOHO 八日市店)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。