ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「Gear VR with Controller(SM-R324)」のレビュー、専用コントローラーでリアルなゲーム体験が可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新たに専用コントローラーが付属する Samsung Gear VR の 2017 年モデル「Gear VR with Controller(SM-R324)」を入手したので早速レビューをお届けます。Gear VR は Galaxy スマートフォンを利用して VR のアプリやゲームを楽しむためのデバイスで、米国では $129 で販売されていますが、実際に VR コンテンツを利用するには、後に示する対応の Galaxy スマートフォンが必要です。スマートフォンとセットで使うごく一般的な “スマホ VR ヘッドセット” の中では高価な製品になりますが、本体には視野角の広いレンズ、タッチパッド、モーションセンサーを搭載しているため、モバイル VR のデバイスの中ではクオリティの高い VR 体験が可能です。Gear VR はこれまでに 3 機種が発売されています。今年発売された2017 年モデルは基本的に、本体側面のタッチパッドやボタンを使ってアプリやゲームを利用しますが、新たに Bluetooth 接続の専用コントローラーが同梱しており、特に VR ゲームではより直感的な操作が可能になったのが大きな改良点です。VR ヘッドセット本体は Galaxy Note 7 と一緒に発売された一つ前のモデルをベースに開発されています。そして、2017 年モデルは 101 度の視野角を持つ 42mm レンズを採用したほか、高度な歪み補正技術を追加しています。映像の歪みは軽減されています。スマートフォンを VR ヘッドセットに装着する方法は USB Type-C と Micro USB に対応しています。アタッチメントを付け替えると両方で使用できます。公式の対応機種は Galaxy S7 / S7 edge、Galaxy Note 5、Galaxy S6 edge+、Galaxy S6 / S6 edge、Galaxy S8 / S8+ です。2017 年モデルの特徴は冒頭でも紹介した専用コントローラーです。大きさは Daydream View のコントローラーとさほど変わりませんが、エアガンを握るようにして持つ形状なのでグリップしやすく、電池分の重さもあって適度な重量感があります。しっくりくるといった感じです。持ちやすさや握りやすさでは Daydream View のコントローラーよりも断然良いと言えます。コントローラーにはタッチパッド + 方向キー、ホームボタン、戻るボタン、トリガーボタン、ボリュームボタンのほか、9 軸のモーションセンサーが内蔵されています。コントローラーで可能なことは Oclus Home の各種操作と対応アプリの操作です。Oculus Home の場合、コントローラーで目の前に現れる丸いポインターをモーションジェスチャーで操作する形になります。もちろん、側面ボタンも同時に使用できます。コントローラーはヘッドセット本体のボタンやタッチパッドの機能を全てカバーしていますが、例えば、Netflix のようにコントローラー非対応のアプリだとタッチパッドの操作は可能ですが、方向キーやトリガーは誤操作します(どれも “上” を選択してしまう)。完璧に操作できるのは対応を謳っているアプリに限られます。Daydream View のコントローラーには無いトリガーボタンは Oculus Home や UI 操作では基本的に “決定キー” として機能します。シューティングゲームの場合は弾を発射するなどのアクションを実行できます。他のボタンは本体ボタンと同じです。コントローラーとスマートフォンは Bluetooth でペアリングします。ヘッドセット本体にスマートフォンを装着すると、セットアップウィザードで Oculus アプリのアップデートやコントローラーとのペアリングを行うプロセスが実行するので、その流れに沿って作業すればセットアップは完了します。難しいことは何もありません。コントローラーに対応したアプリは Oculus Store で「Gear VR Controler 対応」のカテゴリで配信されています。この中からダウンロードしたアプリはコントローラーで操作できます。現時点では、対応しているアプリはゲームを中心に 50 個弱です。大半は有料ですが、中には Facebook 360 や「Dead and Buried」などの無料アプリもいくつかあります。本記事ではアメリカ西部劇をモチーフに銃撃戦を繰り広げるウエスタン FPS「Dead and Buried」を使ってコントローラーの使用感を確かめてみました。ポインタや操作機能はコントローラーを持つ手の動きに合わせて反応するので、全体的にはタッチパッドや市販のゲームコントローラーよりもリアルに近い感覚で操作できます。ただ、手の震えにも敏感に反応するので、ポインタが画面上を小刻みに動きます。そのため、ボタンをタップするような細かい UI 操作には慣れが必要だと感じました。Dead and Buried での実際の操作だと、プレイヤーの銃や手がモーションセンサーの動きをほぼ正確に検知していました。弾の発射や手で何かを掴むといったアクション、コントローラーを持つ手を内側に素早く撚ると弾を装填できるなど、コントローラーを持っている手はゲーム中の実際のアクション上手くリンクしており、まるでゲームの世界にいるかのような体験ができたと思っています。コントローラーの存在意義は非常に大きいことを実感しました。

■関連記事
Moto X(2017)はIP68の防水・防塵に対応か?ハンズオン動画が流出
みずほ銀行、コンビニ払い票の公共料金をスマートフォンアプリで払い込むことのできる新サービスを7月に提供
Sony Mobile、Xperia XZ台湾モデルのAndroid 7.1.1アップデートをようやく開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。