体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋葉原の無差別殺人から1年 犯行予告サイト管理人「取材が殺到している」

2008年に発生した秋葉原の無差別殺人事件から、6月8日で1年が経過した。当時、秋葉原は歩行者天国となっており、大きな通りを大勢の買い物客が歩行していた。そこに25歳が運転するトラックが突っ込み、5人を跳ね飛ばした。トラックから降りた男性は歩行者を次々とナイフで刺し、12人を殺傷。死者7名と負傷者10名を出す惨劇となった。

6月8日、そんな惨劇の舞台となった秋葉原の交差点には多くの花束が置かれ、献花をする人があとを立たない。そんな事件から1年が経ち、マスコミも “あの惨劇から1年” という内容の特集を組むべく犯行予告サイト『予告in』の管理人に取材が殺到しているという。

インターネット上の犯罪予告情報が集まるサイトの管理人ということで、マスコミが取材を申し込んできているようだ。なぜなら、無差別殺人を行った男性はケータイのインターネット掲示板に犯行予告をしたのち、秋葉原で殺戮を行ったからだ。『予告in』管理人は、「N社とA社とM社から取材を受けました」と語っている。『予告in』管理人は、毎日のように通報業務などを徹底して警察に協力しているという。

秋葉原の無差別殺人事件から1年が経過した今、マスコミが大きくとりあげることで一般人に対してどのような影響を与えるのか? 秋葉原の歩行者天国はこの事件を機に中止となった。早期の歩行者天国の再開を望む声もあり、今後も秋葉原に与える事件の影響は尾を引きそうだ(このニュースの詳細記事はこちら)。

写真: KENG-CYANG(ガジェット通信編集部)

■ほかにもこんな最近のニュースがあります
ターミネーター5とターミネーター6の極秘情報を独占スクープ!
ゲーム会社ファルコム「お~い! ウチのゲーム音楽自由に使っていいぞ~♪」
48時間で作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植する『むりげー』発足
5年後にイチバン人気のあるゲーム機はどれ? 3000人アンケート結果発表
ジャレコ社長がブログで暴露!『黄金の絆』開発会社に「あのクソ開発会社め!」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。