ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

うまく言えなかった母の日の「ありがとう」。我が子を見て思う、私も、伝えなきゃ by うだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
うまく言えなかった母の日の「ありがとう」。我が子を見て思う、私も、伝えなきゃ by うだひろえ f:id:akasuguedi:20170510110638p:plain 前回のエピソード:最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ

去年のもの、一昨年のもの。

私の机の周りには、うちの子たちがくれた、母の日のプレゼントが飾ってあります。

園で作ってきた創作物。これらを私に渡しながら「ママ、いつもありがとう!」と言ってくれた顔、しっかり覚えています。

園で教わってきたことをやってるだけだとしても、「ありがとう」を言えるのって、すごいなあ、と思います。

私は、子どもの頃、「ありがとう」が言えませんでした。

感謝の気持ちを伝えること。

幼稚園や小学校で教わったとは思うのです。

でも、誰かに何かをもらって嬉しい時、親に「ありがとうは?」と言われて、言わされて、「ありがとう」と言っていたように思います。

言葉は知ってる。けど、うまく使えない。そんな状態だったのかなと思います。

小学校高学年の時でした。

どこかで、「母の日には、おかあさんに、何かプレゼントするものらしい」という情報を得た私は、造花のカーネーションと肩たたき券を用意し、食卓テーブルの上に置いておきました。

感覚的には、「いい子」になるためのクエストを1つこなした、という感じです。

満足した私が、子ども部屋でお絵描きしていると、母がやってきて、「コレ、ありがとね」私からのプレゼントを手に言いました。

「あー、うん」私は少し照れながら答えたと思います。

「でも、お母さんさ……」母が続けました。「直接、顔を見て、『ありがとう』って、言われたいな」

絶句しました。

「いい子クエスト」が消化できてなかったショック。

何より、母の、泣きそうな笑顔。そんな顔を見たのは、後にも先にも、この一度きりです。

私は何も返事できず、母もそれ以上は何も言わず、その時は終わりました。

1年後の母の日。

私は猛烈に緊張しながらも、母の顔を見ながら「いつもありがとう」と言い、プレゼントを渡しました。

母は、複雑そうな顔をしながら、「ハイどういたしまして」と答えました。

お互い、わかってたんだと思います。これって、「ありがとうは?」と言われて、言わされての「ありがとう」だな、って。

数年後。私は地元を離れ、上京して一人暮らしを始めました。

離れて初めてわかる、親のありがたみ、というやつで、私はやっと、心の底から「おかあさん、ありがとう!」と思えました。

それから十数年間、直接顔を見ることはできなかったけど、母の日には、鉢植えのカーネーションを送るようになりました。

一昨年、私は夫と子どもたちを引き連れて、地元に帰ってきました。

母の日。子どもたちは、園で作ってきた創作物と一緒に、「ママ、いつもありがとう!」という言葉をくれます。

園で教わって、言わされてるだけかもしれない。けど、単純な私は、こんなに嬉しい。

「どういたしまして!こちらこそ、ありがとう!!」

答えて、思う。私も、伝えなきゃ、だ。

近所に住む母に、会いに行く。子どもたちも一緒に。

「おかーさん、ハイコレ!いつもありがとうね~☆」プレゼントを渡すと、母は「ハイどういたしまして」とそっけなく受け取ります。

子どもたちが真似して「ばあばありがとー」「ばあばありがとー」と言うと、「今日は母の日でしょ。あんたたちのお母さんはそっちでしょ」

くるっと振り返り、ニコニコ笑顔で、「ママありがとー」「ママありがとー」「ハイどういたしまして!」

「ありがとう」でたくさんの、にぎやかな母の日。

言葉だけでも、知ってるなら、使っていけたら。

うまく使えなくても、使うことに慣れていれば、いつか、気持ちと言葉が混じり合った時に、まっすぐ伝えられるだろうから。

毎日たくさん、母の日は特別たくさん、使っていけたら、と思います。 関連エピソード:孫よりも自分の子どもが一番大切で可愛い。母の日に思い切って食事に誘って知った、母の想い

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえ

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

家族に障害者2人いるが、楽しく子連れでお出かけ出来る理由
親族総出で病室に。新生児のくしゃみ連発で「お願いだからはやく帰って~!!」
小さなママがいるから頑張れる!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。