体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【上海モーターショー2017】玉石混淆の中国車勢

▲100万ドルどころでは済みそうにない上海の夜景。日本車も走ってはいるが、ビュイックやシボレーなどGM車、中国メーカーが師匠と仰ぐフォルクスワーゲンなど、道行く車も様々なメーカーが混在している

▲100万ドルどころでは済みそうにない上海の夜景。日本車も走ってはいるが、ビュイックやシボレーなどGM車、中国メーカーが師匠と仰ぐフォルクスワーゲンなど、道行く車も様々なメーカーが混在している

コピー車から、まじめなEVまでなんでもあり

2017年4月19から28日にかけて開催された、第17回上海国際自動車工業展覧会(以下上海モーターショー)。開催規模ではすでに世界最大ともいわれており、展示ブースをすべて見てまわるだけで1日まるまるかかった。中国民族系メーカーブースで目立ったのは、SUVとEVやプラグインハイブリッド車といったエコカー。SUVは新車販売のけん引役であり、エコカーは主催者側から積極的な展示の指示を受けたともいわれている。

▲ショー開催前から、その存在が話題となっていた注目モデルが、ゾイト SR9だ。ご覧いただければわかると思うが、ポルシェ マカンをほぼ完璧にコピーしたモデル。3サイズはマカンより、ちょっとだけ大きく、全長4744×全幅1929×全高1647(mm)

▲ショー開催前から、その存在が話題となっていた注目モデルが、ゾイト SR9だ。ご覧いただければわかると思うが、ポルシェ マカンをほぼ完璧にコピーしたモデル。3サイズはマカンより、ちょっとだけ大きく、全長4744×全幅1929×全高1647(mm)

▲こちらはBAIC BJ80PHEV。北京汽車はメルセデス・ベンツ車をダイムラーとの合弁会社で生産するので、Gクラスのコピー車とも言い切れない微妙な存在だ。今回は本家にもない、プラグインハイブリッドをデビューさせた。インホイールモーター式を採用

▲こちらはBAIC BJ80PHEV。北京汽車はメルセデス・ベンツ車をダイムラーとの合弁会社で生産するので、Gクラスのコピー車とも言い切れない微妙な存在だ。今回は本家にもない、プラグインハイブリッドをデビューさせた。インホイールモーター式を採用

▲かつては、中国共産党幹部などの専用車だった、由緒ある紅旗(ホンキ)ブランドの新型車が、H5だ。2016年春に開催された北京モーターショーにて、出品されたBコンセプトをベースとする市販化モデル。2017年中には正式発表される予定
1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会