ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

CO2大幅削減に貢献!世界最大規模の洋上風力発電「Gemini」が本格稼働

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_2992再生可能エネルギーとして、太陽光と並んで注目されている風力発電。オランダで約2年かけて建設が進められてきた大型の洋上風力発電「Gemini」がこのほど本格稼働した。

陸地から見えないほど沖合にあり、騒音で人々を煩わせることなく毎年2.6Twh(テラワットアワー)の電力を供給する。

・年間通じて風のあるスポット

Geminiはオランダ北部の町、フローニンゲンから85キロ沖合に位置。広さ68キロ平方メートルに発電機150基がニョキニョキと立つ。

このエリアに設置を決めたのは、平均風速が36km/hと発電に理想的なため。また、町から離れていて、タービンの騒音問題を回避できるという点も考慮された。

fullsizeoutput_2994・CO2大幅削減に貢献

Gemini運営会社によると、総出力は600メガワットで、英国のテームズ河口沖合で操業しているLondon Arrayの630メガワットに次ぐ規模なのだという。

今後15年でオランダの150万人に電力を供給し、年間138万トンのCO2削減に貢献する。このCO2削減量は車5万台が2万5000キロ走行したときに排出するCO2量に相当するとのこと。

まわりを海に囲まれた日本でも洋上風力発電設置の動きが出てきてもおかしくなさそうだ。

Gemini

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。