ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中川敬、山口洋、TOSHI-LOW、Chanoが集う〈満月の夕を福島で。〉開催決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
中川敬、山口洋、TOSHI-LOW、Chanoが集う〈満月の夕を福島で。〉開催決定

22年前、阪神淡路大震災の時に作られた曲「満月の夕」。

以来、様々な場所で歌われてきたこの曲をテーマにミュージシャンたちが集うイベントが7月9日(日)
に福島県・猪苗代野外音楽堂で行われる。

「満月の夕」作曲者である山口洋(HEATWAVE)と中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、そして福島在住のシンガー・ソングライターChanoの出演が決定。

開催に際して、Chanoは以下のようなコメントを発表している。

~以下、Chanoオフィシャルウェブサイトより転載~

——————————————————————————–

開催にあたって
震災から6年。福島の状況は大きく変わった部分と、そのまま固く残っている部分とがある。多くの音楽イベントが開催される中で県外から福島へ想いを届けてくれるミュージシャンやイベンターが沢山いる。それでも福島という土地で、音楽の火を絶やさず土地を耕し続けていくには地元の人間が動かなくてはいけない。受け取るばかりではなく、自分達が発信をする事。福島の中、外へ想いを届け続けるために地元ミュージシャンが動き出さなくてはいけないと。

6年という時を経てもなお、福島に足を運び続けてくれている人達がいる事をもっと知ってほしい。この土地で歌い続けている人がいる事を感じて欲しい。

福島で出逢った曲「満月の夕」。22年前、阪神淡路大震災にこの楽曲を作り上げたHEATWAVE山口洋さんと、 SOUL FLOWER UNION中川敬さん。東日本大震災時にこの曲を届けたミュージシャンと共に、福島のまんなか猪苗代へ。

この曲は福島でも多くの人達を癒し、励まし、繋げてくれた。
この土地へ足を運び続けてくれているミュージシャンと共に、今の福島でこみ上げる感情を胸に満月の夕に集いましょう。

福島在住シンガーソングライター Chano

—————————————————————————–

チケットは5月20日(土)21日(日)「音開き2017」会場のChanoの物販ブース・東北ライブハウス大作戦ブースにて特別先行販売。一般販売は6月3日(土)より福島県内ライブハウス店頭に発売開始となっている。なお、Chanoのアルバム『この世界』発売時のインタヴューがOTOTOY特集ページに掲載されているので読んでみてほしい。(岡)

・Chano『この世界』発売時のインタヴュー(OTOTOY)
http://ototoy.jp/feature/20151103

〈満月の夕を福島で。〉
2017年7月9日(日)
開場13:00 開演14:00 終演予定19:00
会場:猪苗代野外音楽堂
(福島県耶麻郡猪苗代町大字中小松字四百刈乙1959-2天神浜オートキャンプ場内)

出演:中川敬(SOUL FLOWER UNION)/ 山口洋(HEATWAVE)/
TOSHI-LOW (BRAHMAN) / Chano and more…

料金:前売り¥3,500 / 当日¥4,000
(小学生以下無料、要保護者同伴)  (ご購入は1人様2枚まで)
駐車場:¥1,000/1台・1回  (当日支払い・出し入れ不可・先着250台)

《チケット販売》
【5月20日(土)21日(日)】特別先行販売「音開き2017」会場の
Chanoの物販ブース・東北ライブハウス大作戦ブースにて販売。
【6月3日(土)】一般販売(福島県内ライブハウス店頭)
(※販売開始時間は各店舗により異なります。)

《問い合わせ先》
【猪苗代野外音楽堂HP】
http://www.inawashiro-yagaiongakudo.com/
【TAKLAM(遠藤)】Mail: taklam@taklam.jp TEL: 090-5357-3381※まずはメールでお問い合わせください。※電話の受付時間は、平日の9時~18時となります。
主催: 猪苗代野外音楽堂 / 東北ライブハウス大作戦
企画・制作:Chano / 東北ライブハウス大作戦
協力:天神浜オートキャンプ場 / コネクテック / ソーラーワールド / RA -energy design- / club SONIC iwaki / U-ONE MUSIC(福島アウトライン) / TAKLAM / 郡山#9

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。