ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これ良さそう!ダイヤルを回すだけで、タダの水がフレーバーウォーターになる水ボトル「Cirkul」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Cirkul水は生命にとって大事なもの。それは誰しも頭ではわかっているだろうが、本当に十分な水分を摂取できているのだろうか。アメリカ人の75%が脱水状態にあるという。

・普通の水が、たちまちフレーバーウォーターに!

水を意識して摂取したいものだが、ただの水は飲み飽きてしまう、味気ない……という人には、「Cirkul」という健康志向の人向けの水ボトルはいかがだろう。

一見、プラスチック製のシンプルな水ボトルに見えるが、実はコレ、ダイヤルを回すだけで、好みのフレーバーウォーターに調節できるというシロモノなのだ。

Cirkul2人体への悪影響が心配される“BPAフリー”で、ナチュラルフレーバー素材を使用。これならゼロカロリー、ノンシュガーなので、これまでつい口寂しくてジュースや加糖炭酸飲料を飲んでしまっていたアナタもカロリーを気にせず飲めて安心。

・フタ部分にカートリッジを挿入

ボトル専用のフタがあり、この部分にフレーバーカートリッジを挿入して使う。ダイヤルを回して調整すれば、0~100%フレーバー量で好みに応じてカスタマイズできる。ボトル部分は漏れ防止仕様で、食洗機に対応している。

ボトルを傾けると、水が入れられたボトル部分から水が流れ、フタのカートリッジを透過することで、水にフレーバーが付く、という仕組みだ。

一方通行のバルブのおかげでフレーバーが逆流して残余物が残る心配もない。つまり、ボトル自体は水しか入らないため、簡単に洗って清潔に使い続けられるというわけ。

・フレーバーのラインナップも豊富

Cirkul3フレーバーカートリッジは“LifeSip(ビタミンBを含む)”、“FitSip(電解質を含む)”、“GoSip(カフェインを含む)”の3タイプ。それぞれ、“LifeSip”には“フルーツパンチ““ココナッツパイナップル”、“甜茶レモン”など、“FitSip”には“ミックスベリー”“オレンジタンジェリン”、“GoSip”には“ブラックチェリー”“ストロベリースイカ”などのラインナップがある。追加のフレーバーカートリッジは、本年末オープン予定の専用オンラインストアで購入可能だ。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中で、ボトル1つとカートリッジ8つ付きで、プレオーダー価格27ドル(約3000円)+配送料金~。

Cirkul

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。