ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネズミ捕りが多いのは交通量が少ない休日の午前

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ネズミ捕りが多いのは交通量が少ない休日の午前

オービスは警察官がいなくても、機械で自動的に速度違反取り締まりを行える「無人式」。レーダー探知機やオービスアプリで設置場所は把握できます。しかし、警察官自らが速度違反取り締まりを行う「有人式」はまさに神出鬼没。そこで、有人式の中でもネズミ捕りが出没しやすいタイミングを見ていきます。

ネズミ捕りには広いスペースが必要

有人式の速度違反取り締まりにはいくつか種類がありますが、中でも特に気を付けたいのが「ネズミ捕り」。複数の警察官を動員して、華麗な連携プレーで違反車両を効率的に捕獲していきます。

しかも、警察官は周囲に溶け込むような服装でいたり、物影の裏に隠れて車速を測っていたりと、その手口は非常に巧妙です。とはいえ、ネズミ捕りには共通した特徴があるため、基本的な知識があれば出没を予測することは可能です。

まず、ネズミ捕りには広いスペースがいります。速度を測定して違反車両のナンバーを連絡する「現認係」、連絡を受けて停止旗を使い違反車両を止める「停止係」、捕まったドライバーが署名する「サイン会場」が必要だからです。

ネズミ捕りが出没しやすい時間帯

このため、ネズミ捕りが出没しやすいスポットは「信号と信号の間が長い直線」「頭上を高速道路などが走るアンダーパス」「長い陸橋」などが多い傾向があります。また、光電式で社則を計測している場合は、路肩などに三角コーンがあったらより安全運転に注意。送受器を隠すために三角コーンが多用されているからです。

警察自身が速度違反の取り締まり情報を公開していることもあります。警察のWebサイトや地方新聞には、公開取り締まりの情報が載っていることが多いのです。

ネズミ捕りが出没しやすい時間帯もあります。都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われやすいのが特徴です。交通安全週間や警察単位で設けられている交通安全日に注意しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。