ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Apple、新型iPadを発表、日本では3月16日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Appleが第三世代目となる新型iPadを発表、同日より予約受付を開始しました。予想されていた”iPad 3”や”iPad HD”といった名前ではなく、シンプルに「iPad(プレスカンファレンスでは”The new iPad”)」として紹介されていました。iPodやMac Bookと同様のネーミングに路線変更したようです。国内では3月16日に発売されます。販売キャリアは今のところSoftBankのみ。新型iPadでは、Wi-Fi+3Gモデルの3G通信機能において、従来のEV-DO方式/HSPA方式に加えて、より高速なデータ通信が可能なHSPA+方式、DC-HSDPA方式、LTE方式も対応しています。海外でHSPA+、DC-HSDPA、LTEは”4G”と呼ばれているからだと思いますが、従来のWi-Fi+3GモデルはWi-Fi+4Gモデルと呼ばれています。Apple(日本)の公式サイトによると、日本で発売されるモデルはLTEには非対応となっています(LTE対応モデルは北米で発売されます)。ちなみに、ソフトバンクはHSPA+方式やDC-HSDPA方式のサービスを「ULTRA SPEED」という名前で提供しています。ラインアップはWi-Fiモデル(16/32/64GB)とWi-Fi+4Gモデル(16/32/64GB)の2種類。カラーはブラックとホワイトの2色。価格は以下の通り。 Wi-Fiモデル16GB:42,800円32GB:50,800円64GB:58,800円 Wi-Fi+4Gモデル16GB: 32GB: 64GB:新型iPadは、iPad 2より高速で高解像度となっています。画面サイズは9.7インチと従来のiPadと同じですが、解像度が2,048×1,536ピクセル(264 ppi)と大幅に向上。写真や動画がより高精細に表示・再生できるようになります。プロセッサーは新しい「Apple A5X」を搭載。CPUは2コアのままですが、GPUが4コアのものにアップグレードされています。通信方式にHSPA+/DC-HSDPA/LTEをサポートするなど通信機能は強化されています。バックカメラでは1080p@30fpsの動画撮影も可能となっています。

新型iPadのスペック OS:iOS 5.1 サイズ:241.2mm×185.7 mm×9.4mm、652g(Wi-Fi)、662g(Wi-Fi+4G) ディスプレイサイズ:9.7インチ、解像度2,048×1,536ピクセル/264 ppi、IPS液晶”Retina”ディスプレイ、1,677万色 チップセット:Apple A5X(2コアCPU、4コアGPU) メモリ: -MB RAM、16/32/64GB 外部メモリ:非対応 リアカメラ():500万画素裏面照射型CMOS、AF、タップフォーカス、1080p@30fpsビデオ撮影、顔検出、ビデオ時の手ブレ補正 フロントカメラ:VGA画質 対応周波数(国内版):GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+/DC-HSDPA(850/900/1,900/2100MHz) ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、30ピンドックコネクタ、マイク、内蔵スピーカー、microSIMスロット(Wi-Fi+4Gモデルのみ) センサー類:ジャイロ、3軸う加速度、ライト、デジタルコンパス、GSP/A-GPS(Wi-Fi+4Gモデルのみ) バッテリー:42.5WhリチャージャブルリチウムポリマーWi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間 カラー:ブラック、ホワイトSource : AppleEngadget


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei製”T-Mobile Prism”(U8651T)がFCCを通過
au版Xperia acro HD (IS12S)の価格が判明
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化(2012年2月)、Gingerbreadのシェアが62%に上昇、ICSは1.6%

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。