ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リーアム・ニーソン、スペインのスリラー映画『暴走車 ランナウェイ・カー』のリメイク版に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

リーアム・ニーソンは、2015年のスペイン映画『暴走車 ランナウェイ・カー』のリメイク版となる映画『Retribution(原題)』への出演にサインした。

監督はまだ決まっていない。スタジオカナル、ザ・ピクチャー・カンパニー、オンブラ・フィルムズが製作する。ザ・ピクチャー・カンパニーとスタジオカナルの契約により、アンドリュー・ローナとアレックス・ハインマンが、ジャウマ・コレット=セラと自身が率いるオンブラ・フィルムズのパートナー、フアン・ソラと共にプロデューサーを務める。今年の秋に撮影を開始する予定だ。

『暴走車 ランナウェイ・カー』のストーリーは、銀行の重役(カルロス・トサル)が子供たちを学校に送っている時に、匿名の電話を受ける。そして、彼の車の座席下に爆弾が仕掛けられていて、誰かが降りた瞬間に爆発すると言われる。同作は、スペイン版アカデミー賞と言われるゴヤ賞で8部門にノミネートされた。

リメイク版では、ニーソンはウォール・ストリートの重役を演じる。クリス・サルマンプールとアンドリュー・ボールドウィンが脚本を手掛け、オリジナル版をプロデュースしたヴァカ・フィルムズとアトレスメディアがエグゼクティブ・プロデュースを行う。

コレット=セラ監督のスリラー3部作、映画『アンノウン』、映画『フライト・ゲーム』、映画『The Commuter(原題)』で、ニーソンとプロデューサー陣は協業してきた。

ニーソンの次回作は映画『Hard Powder(原題)』と、映画『Felt(原題)』ではウォーターゲート事件の情報提供者として有名なマーク・フェルト役を演じる。ニーソンの代理人はCAA。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。