ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

使用途中の化粧品はサンプル感覚で購入せよ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

使用途中の化粧品でもネットオークションやネットフリマでは取引されています。ということは、ずっと言い続けてきたことですが、実際に私もそれらのサイトで購入することがあります。

先日もあるメーカーのBBクリームを買いました。これまで同じメーカーのBBクリームを使っていたのですが、季節の変わり目になってちょっと合わなくなり、違うものを試したいと思ったからです。とはいえ、あいにくサンプルがないので試すことができません。一発勝負で新品を買って、それが肌に合わなかったら損をしてしまうので、使用途中のものを安く買おうと思いました。

今回私が買ったのは何千円もするような高いものではありません。ドラッグストアで買える比較的リーズナブルなものです。そういった商品は店頭で手につけることで色味や感触をみるのですが、顔につけるのは気が引けます。なので顔での感じがわからないのです。

おそらく私と同じように考えている人は多いはずなので、そういう人こそオークションやネットフリマで安く買ってみるのがオススメです。

残量が見えない場合

null

今回のBBクリームのように中身が見えない容器に入っているものは、残量の確認が難しくなります。もともと30グラムのように入っている量が少ないし、容器の重さもわからないので、全体の重さから残りの量を出すことはできません。なので出品者が書いている使用回数などから残量を知るしか方法がありません。

これに関しては、ほとんど入っていないのに9割残っています!と書く出品者はいないと思っていいでしょう。なぜならクレームを受けることになるからです。若干の感覚の違いはあるかもしれませんが、出品者の商品説明を参考にして判断するようにしましょう。

※化粧水や乳液などは容器が透明、あるいは半透明だったりするので残量がわかりやすいです。

自分に合わなくてもクレームなし

null

実際に購入した商品をつけてみたところ、自分に合わないと思っても出品者へのクレームをしてはいけません。色味や感触が画面上ではわからないので、それを前提にした取引をしているためです。色味については、出品者が色番号などを書いているのでそれを参考にして、自分で選んでいく必要があります。少なくともファンデーションやBBクリームなどにおいては、ある程度色を調べておくといいと思います。

ネットフリマの方が安い?

null

BBクリームをサンプルとして買おうと思ったとき、ネットオークションとネットフリマの両方を見ました。そのときネットフリマの方が安いように感じました。特に1,000円程度の商品であれば送料込みで500円で出品されていることもあるほどです。オークションの方は落札者が送料を負担するようなっていることが多いので、ネットフリマの方が送料分安く買えるように思います。もちろん、ブランドによってはオークションの方が安いこともあるので、2つを比べみることが大切だと感じました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。