ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

SCE、今年4月からPlayStation Suite SDKのオープンベータ版を提供、今年後半に正式版を提供

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が「PlayStation Suite」の本格開始に向け発表を行いました。SCEの発表によると、同社は現在クローズドベータ版として提供中の「PlayStation Suite SDK」を2012年4月からオープンベータ版として全開発者に無料で提供するとしています。提供国は現在の日本、米国、英国から拡大される予定。それを経て、2012年後半から正式版を提供する予定としています。正式版は有料($99/年)になる見込みで、正式版で作成されたコンテンツは所定の手続きを経てPlayStation Storeに配信できるようになるとのこと。また、現在は、PS1ゲームが配信されているPlayStation Certified端末向けのPlayStatio StoreをPlayStation Suiteに最適化し、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オーストラリアにおいて2012年後半より順次配信する予定としています。「PlayStation Suite」はAndroid端末にもPlayStationの世界を提供しようという枠組みで、その中で提供されるソフトウェア開発環境「PlayStation Suite SDK」で開発されたアプリなどのコンテンツが、「PlayStation Suite」推進のための機器認定プログラム「PlayStation Certified」を受けたAndroid端末(Xperaia PLAY、Sony Tabletなど)およびPlayStaion Vitaで利用することができます。3月7日時点のPlayStation Certified端末は、Xperia PLAY、Xperia arc、Xperia acro、Xperia acro HD、Xperia S、Xperia NX、Xperia ion、Sony Tablet S/Pの9機種。Source : SCE


(juggly.cn)記事関連リンク
吉本興業のAndroidアプリがリリース
米VerizonがAndroid 4.0にアップグレード可能な自社端末を発表
東芝がTegra 3搭載13.3インチタブレットを英国で披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。