体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『よいこの君主論』作者が手がけるアナログゲーム『戦闘破壊学園ダンゲロス』 押切蓮介氏なども参加しゲームマーケットで発売

2017年1月、アナログゲーム『戦闘破壊学園ダンゲロス』制作のためのクラウドファンディングが実施された。プロジェクトは現在完遂されており、目標金額54万円に対し、最終的に220万円の支援を獲得。押切蓮介氏などの有名イラストレーターの方々がキャラクターイラストを手掛けていることも特徴の作品となっている。5月14日に開催されるゲームマーケット(ブース:A41)にて発売される予定だ。

パッケージ
 
そんな本作の制作者は、架神恭介氏。彼の名前にピンときた方もいるかもしれないが、マキャベリの名著である『君主論』の入門書として、小学五年生「ひろしくん」を主軸とした小学生同士のハードな権力闘争が描かれる破天荒なベストセラー実用書『よいこの君主論』などを手がけた作家・漫画原作者である。


『よいこの君主論』

今回、作者の架神氏から機会をいただき、4月に行われた本作の試遊会に参加することができた。試遊会の参加者は制作者である架神氏のほか、もぐらゲームス読者の方はご存知であろうフリーゲーム制作サークル「アンディーメンテ」主宰であり小説家、かつ「ジェバンニP」の名前でボーカロイド楽曲を送り出してきた泉和良(ジスカルド)氏、『大日本サムライガール』『羽月莉音の帝国』など、政治や経済といった事象を巧みに絡めたライトノベル・小説を手がける小説家・至道流星氏、そして魔法のiらんど文庫にて『天使は、二度泣く。』などを執筆した柳なつき氏という豪華なメンバーとなっていた。

小説家が遊ぶボードゲーム 『ダンゲロス・ボードゲーム』(1)

試遊会でのプレイの様子は、順次動画としてアップロードされている

本作『戦闘破壊学園ダンゲロス』はいったいどんな内容なのか?今回、試遊会を観覧してきた感想を踏まえて、本作を紹介していこう。

プレイするほど味がわかるゲームシステム

まず本作を目にすると、それぞれ特徴のあるキャラクターカードの存在に気がつくだろう。そのため、一見すると「キャラクターモノのゲーム」と思われてしまうかもしれない。しかし、その実、内容としてはゲームデザインを理解して相手を出し抜くことを楽しむ作品となっており、「システムを読み解く面白さ」が味わえる作品だ。プレイ時間としてもワンプレイ2~4時間ほどで、お手軽に短編アナログゲームを楽しむというよりは、じっくりと腰を据えて遊ぶゲームが好きな人のための作品となっている。

lv1-14
 
lv1-4
押切蓮介氏や「地獄のミサワ」がキャラクターカードのイラストを担当

このゲームは、プレイヤー各自が戦力を増強しつつ各地のボスを倒していく「探索」パートと、探索を経たプレイヤー同士で戦い合うバトルロイヤルの「決戦」パートに分かれている。ゲームシステムとしては、一言で言うと「トレーディングカードゲームとボードゲームを組み合わせた作品」といった内容で、ボードの上でコマを進めつつ、仲間やアイテムといったカードを集めて戦力を強化、決戦のための準備をおこなっていく。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。