体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ふっ素樹脂加工の「フライパン」、こびりつかないを長持ちさせるコツは?

ふっ素樹脂加工の「フライパン」、こびりつかないを長持ちさせるコツは?

買ったときは何を焼いてもこびりつかなかった我が家のフライパンも、今では餃子を焼けば皮が破け底に大きな穴が開き、薄焼き卵は炒り卵になる始末。そろそろ買い替えを検討しているのですが、次に買ったフライパンはなるべく長く使いたい。そこで世界で初めてこびりつかないフライパンを発売したティファールの方に、こびりつかない状態を長持ちさせるためのコツを伺ってきました。

ふっ素樹脂コーティングのフライパンを長持ちさせるコツは火加減にあり!

今回お話を伺ったのは、世界で初めてふっ素樹脂加工のフライパンを発売したティファールの藤井由美子さん。フライパンが長持ちしたら会社は儲からなくなってしまいそうですが、「せっかくなら長く使っていただきたいですから!」とご快諾をいただきました。【画像1】ティファールの藤井由美子さん(写真撮影/玉置豊)

【画像1】ティファールの藤井由美子さん(写真撮影/玉置豊)

「こびりつかないフライパンで一番多いタイプは、軽くて熱伝導率が高いアルミニウムに、サラサラして滑りのよいふっ素樹脂を吹き付けてコーティングしたものです。他社の商品にダイヤモンドコーティングやマーブルコーティングと呼ばれるタイプもありますが、これらは混ぜる粒子や模様の違いであり、すべてふっ素樹脂のコーティングになります。このふっ素樹脂加工のフライパンは、あくまで消耗品のため、いずれは買い替えが必要です。しかし、使い方次第でコーティングをグーンと長持ちさせることも可能なので、ぜひ正しい使い方を知っていただき、キッチンの相棒として長くご愛用ください!」【画像2】藤井さんのイチオシは、チタン粒子を配合した6層のコーティングにより、こびりつきにくさが3倍(同社比)長持ちする「チタン・エクセレンス」コーティングだそうです(画像提供/ティファール)

【画像2】藤井さんのイチオシは、チタン粒子を配合した6層のコーティングにより、こびりつきにくさが3倍(同社比)長持ちする「チタン・エクセレンス」コーティングだそうです(画像提供/ティファール)

ガーン。ふっ素樹脂加工のフライパンは、どれも一生ものではなく、あくまで消耗品だったのですね。薄々分かってはいましたが、メーカーの方にはっきり言われると諦めがつくというものです。毎日ストレスを感じながら使っていたフライパンの買い替えに、やさしく背中を押された気分がしました。【画像3】コーティングが剥がれてしまった我が家のフライパン(写真撮影/玉置豊)

【画像3】コーティングが剥がれてしまった我が家のフライパン(写真撮影/玉置豊)

では消耗品であるふっ素樹脂加工のフライパンを、どのように使えば長く愛用できるのでしょうか。

「まず一番気を付けていただきたいのは、強火をやたらに使わないこと! アルミは熱伝導率が良いので、家庭料理なら中火で十分です。ガスなら底面から火がはみ出すような火加減は強すぎです」【画像4】このように底面から火がはみ出るような強火はNG!(写真撮影/玉置豊)

【画像4】このように底面から火がはみ出るような強火はNG!(写真撮影/玉置豊)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会