ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【絶品グルメ】南アフリカはカレーが美味しい国だった! 伝統ある郷土料理バニーチャウを食べに行こう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ba6

バニーチャウは南アフリカで愛されている伝統的な郷土料理なのですが、日本では、あまり知られていないかもしれません。「伝統的」なのは確かなのですが、その歴史が始まったのは1940年代と言われています。急速に広まり、そして定着したのです。

・インド文化が南アフリカにやってきた
定着した理由は、南アフリカに移住したインド人が多くいたから。彼らはインド文化を南アフリカにもたらし、豊かに育んできました。そのインド文化から生まれた南アフリカ特有の料理が、このバニーチャウなのです。インド文化? ということはカレー? と思う人は多いかと思いますが、まさにその通り。

ba1 ba10 ba9 ba5

・くりぬいたパンはカレーに浸して
バニーチャウはフカフカの食パン1欣をくりぬいて、そこにたっぷりとカレーを注いだもの。くりぬいたパンはカレーの上に乗せて、そのまま食べても良し、カレーに浸して食べても良し。付け合わせは野菜の漬物やお浸し。酢をふんだんに使用した細切りニンジンをバニーチャウに投入して食べても美味。ビールやコーラによく合う料理です(南アフリカの地ビールがもっとも相性が良いです)。

・左手で食べてはダメ?
基本的に食べ方はインドスタイルで、素手で食べるのが流儀。もちろんナイフやフォークを使用してもいいが、現地っぽさを体験したいなら素手で食べるのがオススメ(もちろん手を清潔に洗ってから)。インドスタイルにならって右手でつかんで食べるのが常識ですが、左手で食べてはダメというわけではないそうなので、食べやすい手で食べましょう。

ba8 ba7 ba4 ba3

・日本のラーメン屋のごとく多彩な味!
バニーチャウの面白い点は、店によってテイストが違うだけでなく、カレーの種類が豊富で、さらにカレー以外の料理も注ぎ入れるという点。基本はカレーですが、その種類はあまりにも多彩なのです。

まさに日本のラーメン屋のごとく、店によって大きくテイストが違うわけですね。カレーも美味しそうですが、日本のシチューを注いでも美味しそうですよね。日本でも手軽にできる南アフリカ料理のひとつではないでしょうか(しかしパンのフワフワ度が日本のものより上だと感じました)。

ba2

・インドと南アフリカの融合
バニーチャウは、ヨハネスブルグやケープタウンでも食べられますが、インド系移民が多く住むダーバンのレストランで多く提供されています。ダーバンは他の地域よりも入手できる香辛料の種類が豊富で、より美味しいバーチャウが食べられるとの声もあります。確かに、市場ではたくさんの香辛料が販売されていました。

南アフリカに行く際は、バニーチャウを食べてみてくださいね。インドと南アフリカの融合、味覚で楽しんでみてください。

もっと詳しく読む: 南アフリカはカレーが美味しい国だった! 伝統ある郷土料理バニーチャウを食べに行こう(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2017/05/12/south-africa-bunny-chow/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。