ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「東京蚤の市」は第11回目、「東京豆皿市」「東京北欧市」も同時開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
11th-tokyo-nominoichi_03

2017年5月13日(土)・14日(日)の2日間、東京・調布の「東京オーヴァル京王閣」にて「第11回東京蚤の市」が開催されます。

毎年、春と秋の2回ずつ開催されているマーケットイベント。ヨーロッパの街で行われているような蚤の市を再現しようと始まった本イベントですが、早くも開催回数10回を超え、多くのショップと来場者で賑わう恒例イベントとして親しまれています。

今回も、古道具、古家具、古書、飲食など200組ほどの出店者が集まり、物販のほかものづくりワークショップやアーティストによるライブ演奏やパフォーマンスなどが展開されるそう。

人気の「東京北欧市」と2年目を迎えた「東京豆皿市」も同時開催され、見どころはたっぷり。元々は遊園地だったという京王閣でのんびりとピクニック気分でお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▽前回開催の様子

11th-tokyo-nominoichi_01 11th-tokyo-nominoichi_02 11th-tokyo-nominoichi_05 11th-tokyo-nominoichi_04 11th-tokyo-nominoichi_06 11th-tokyo-nominoichi_08

第11回東京蚤の市

日時:2017年5月13日(土) 9:30~18:00

2017年5月14日(日) 9:00~17:00

※雨天決行

会場:東京オーヴァル京王閣/東京都調布市多摩川4-31-1

入場料:500円(小学生以下無料)

出店数:200組程度(古道具、古家具、古書、飲食など)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

「北欧デザイン黄金期」のヴィンテージ家具が最大60%オフ! ノルディックフォルムの感謝セール開催中
厳選インテリアアイテムが一堂に「クリエイターが選ぶDESIGN100」展、開催中
北の住まい設計社 名古屋で小さな蚤の市「Liten Loppis」今年も開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。