ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブルガリアのおすすめ料理&スイーツ20選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

皆さんは、ブルガリアに旅行で訪れた経験ありますか?

ヨーグルトやローズオイルの産地として知られるブルガリアには、世界遺産に登録されているリラの僧院やアレクサンドル・ネフスキー大聖堂、黒海の沿岸都市など、見所がたくさんあります。

もちろん観光は楽しみだけど、やっぱり旅といえばグルメ!ブルガリアの料理は野菜や肉をオーブンで重ね焼きした伝統的な家庭料理のほか、パイ生地を使ったスイーツなど、バラエティー豊かなのが特徴です。

 

1.ショプスカ

ブルガリアで非常にポピュラーなサラダといえば、羊のチーズをたっぷり使ったこちらのショプスカです!ひんやりと冷やしたサラダは、夏にぴったり。家庭によって若干の違いはありますが、基本的な材料はトマト、きゅうり、羊のチーズです。

 

2.タラトール

ヨーグルトを使った冷製スープ、タラトール。主に前菜として食べられ、具材は刻んだキュウリとくるみを入れることが多いです。夏の定番スープで、常温で食します。

 

3.カヴァルマ

豚肉または子牛肉と野菜を使った、ブルガリア風トマト煮込み・カヴァルマ。ブルガリアの代表的な料理の一つとして知られており、土鍋とオーブンを使って豪快に作ります。仕上げに卵やチーズをのせて食べると、おいしい〜!

 

4.ケバプチェタ

ケバプチェタは、牛肉または豚肉のミンチを細長いハンバーグのような形にして焼いたもので、ブルガリアでは非常にポピュラーです。そのまま、またはヨーグルトソースをかけて食べます。

 

5.サルミ

元祖ロールキャベツ⁉︎ ブドウの葉またはキャベツで米やお肉を包んだサルミは、ブルガリアの家庭料理として知られています。肉を使ったサルミはこってりとしており、ヨーグルトとの相性抜群です!

 

6.ギュベチ

ギュベチは、オーブンで焼きあげた肉と野菜のシチューです。フランス料理のラタトゥイユと似ており、味わい深い味。具材にはナス、肉、豆などがよく使われます。

 

7.イマム・バユルドゥ

ナスに切り込みを入れ、そこに野菜、肉、ハーブを詰めた料理です。この名前はなんと「お坊さんが気絶した」という意味だそう!お坊さんが気絶するほど、おいしい料理だということが伺えますね。

 

8.ムサカ

栄養満点!ムサカは、野菜とお肉を重ねてオーブンで焼いたグラタンのような料理です。ホワイトソースでなくヨーグルトを使うのが特徴で、ブルガリアでもっとも代表的な家庭料理と言われています。

 

9.ミシュマシュ

Марияさん(@chesnok0va)がシェアした投稿 – 2015 6月 10 2:19午後 PDT

「グチャグチャ」というユニークな名前の意味を持つミシュマシュ。トマト、ピーマン、タマネギをみじん切りにしたものと、羊のチーズ、卵を一緒に炒めた料理です。

 

10.バニツァ

ブルガリア人が朝食によく食べるというバニツァ。パイ生地の中に、羊のチーズやホウレン草などの具が入っているもので、焼きたてはサクサクでおいしい。時間が経つとキッシュのような食感になり、それもまた美味。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。