ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ナカコー、ストリーミング限定プロジェクトEpitaph(エピタフ)本格スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ナカコー、ストリーミング限定プロジェクトEpitaph(エピタフ)本格スタート

元スーパーカーのボーカル&ギター、現在はソロプロジェクトやアンビエントプロジェクトNyantoraを中心に活動するナカコーことKoji Nakamuraのひさびさの作品は、ストリーミングオンリーのプロジェクト・Epitaph(エピタフ)。先日4月26日よりスタートした先行プレイリスト「地図にないルート」がSpotify、Apple Music、LINE MUSIC他、で配信スタートされていたが、早速、本日2曲が追加され、いよいよEpitaphが本格的スタートとなる。

Epitaphは、CDリリースやダウンロード販売を想定せず、ストリーミングのみをターゲットとすれば、アーティストは作品の完成をゴールとする必要がない。だからEpitaphというプレイリスト(≒アルバム)は、ナカコーの新作でありながら、彼の気分でそこに収められている曲が変わり、バージョンが変わり、曲順すら変わってゆく。DAW+アクセスモデル時代の新しい表現のトライが、このEpitaphとなる。

新たに追加された楽曲は「Lotus 13 Mar. 2017」「Blue/eyes 3 Apr. 2017」。この楽曲もプロデューサーに若きサウンドクリエーターMadeggを迎えて制作が進行している。

関連リンク

中村弘二(ナカコー)ウェブサイトhttp://kojinakamura.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。