ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乗りながら自撮りも可能!ハンズフリーの電動スケボー「SPECTRA」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tech-170511-eboard1ニューヨークとロサンゼルスはいずれも民主党優勢の地域で、何事も考えることがリベラルである。

アメリカのリベラル若年層の間では、電動スケートボードが大流行している。

2年ほど前から今に至るまで、アメリカでは様々な電動スケボーが販売された。この製品は、自動車に代わる有力な交通手段として見なされているのだ。

クラウドファンディングの世界にも、新しい製品が次々と発表されている。

ハンズフリーで快適走行

tech-170511-eboard3ニューヨークの企業が、「SPECTRA」という新製品をIndiegogoに投入した。

SPECTRAの特徴は、「3Dステップ」という操作機能。ハンズフリーで乗り回せる点を売りにしている。

従来の電動スケボーは、コントローラー付属である。搭乗者はこのコントローラーを常に握りしめ、速度を調整する。だがもし搭乗者が飛び降りたら、スケボーはそのまま単独で走り続ける。

しかしSPECTRAの場合は、搭乗者の体重移動により速度を調整する。前方に体重を寄せたら前進及び加速、というように。これならば、搭乗者が飛び降りた瞬間にスケボーが停止する。

PR動画では、この機構を活かして走行中の自撮り撮影も行っている。

手ぶら故の危険性も

tech-170511-eboard2一方で、スマホアプリによるリモートコントロールも可能だ。モバイル機器との常時接続は、電動スケボーにとってのデフォルト装備である。

ラインナップは4種類。その中で最も廉価的な『Mini』は、Indiegogoで299ドル(約3万4,000円)という価格である。だがこの機種でも、最高速度は時速12.4マイル(約20km)である。街中のちょっとした移動には充分な性能と言える。

だが、当然ながらこの製品を日本の公道で使用することはできない。日本国内でSPECTRAを楽しむとするなら、やはり公園やスケートパークでの走行に限られるだろう。

また、走行中のセルフィーは大変危険な行為であると言わざるを得ない。SPECTRAが乗り物である以上、搭乗者の目は常に進行方向の景色にあるべきだ。

日米の法律の違いを考慮した上で、賢明な出資を心がけたい。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。