ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

憧れのBBQ体験!バウムクーヘンも焼けるローストスタンド

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

外ごはんが美味しい季節。

おしゃれで、気がきいていて、しかも簡単!憧れの塊肉料理が手軽に楽しめる「ローストスタンド」が誕生した。

日本有数の金属加工の町・燕三条でその技術を磨いてきた山谷産業と、アートディレクター・石川竜太氏、プロダクトデザイナー・高橋悠氏が立ち上げたバーベキューブランド『TSBBQ』の第1弾となる新商品、「ローストスタンド」が5月24日(水)より発売される。

欧米で親しまれているようなパーティ・バーベキューをイメージして誕生したのは、くるくると60度ずつ回しながらまんべんなく火を通すことで、じっくりと肉を焼ける調理器具。今までは難しかったローストビーフやバウムクーヘンなどのメニューを、アウトドアでゴージャスに味わえる。


使い方はいたってシンプル!

ローストスタンドをコンロの上に乗せ、肉にサーベルを刺して、六角形の持ち手をコンロの上で回転するだけ。たったそれだけでシュラスコやローストビーフといった肉料理が楽しめる。さらに、付属の専用棒を使えば、焼きたてのバウムクーヘンも。

地場の技術を集めた品質はもちろん、デザイン、携帯性、使い勝手もこだわった。無駄を削ぎ落とし、機能性を追求した美しい形状に加え、分解することで小さい袋に収納可能。また、どんなBBQコンロにも設置可能なので、使用シーンを選ばない。

セット内容は、ステンレススタンド×4本、スタンドコネクション×2個、サーベル、バウムクーヘン木製棒、キャリングケース。価格は9800円(税抜)。

思わず試してみたくなる、憧れのバーベキュー体験をお楽しみあれ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。