ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

次世代ビジネスリーダーの登竜門で注目を集めた一冊の本

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
次世代ビジネスリーダーの登竜門で注目を集めた一冊の本

経営コンサルタントの神田昌典さんが主宰する「Cross Sector Leaders Summit(クロスセクターリーダーズサミット)」の表彰式が、20日東京・恵比寿で行われた。

「クロスセクターリーダーズサミット」とは、ビジネスモデル構築やマーケティング実践会など、神田さんが携わる様々なコミュニティが一堂に会し、各コミュニティで顕著な功績を残した面々を表彰すると同時に、各人の成功ノウハウや得た学びを共有し、次世代につなげるという狙いを持つ。

それぞれ個性的な活動を称えられる受賞者たちの中で目を引いたのが、「最優秀リーディングファシリテーター賞」を受賞した、一般社団法人 Read For Action協会の渡邊康弘さんだ。

リーディングファシリテーターとは、参加者がその場で未読本を読み、対話し、場を活性化させ、本から出てきたアイデアを行動につなげるファシリテーターのこと。

渡邊さんはこの協会の活動を通して、2016年度実に46回もの読書会を開催。900人以上の参加者を集めた。その活動によって、地域や教育、人材育成の方面に多大な成果を残したことが評価され受賞に至ったという。

授賞式スピーチで渡邊さんは、

「12年前に出会った、神田さんの『お金と英語の非常識な関係』が自分にとって人生の突破口になったように思う。そこから神田さんが主宰するコミュニティに参加するようになったが、どなたも温かい人ばかり。自分もこういう温かいコミュニティを作っていきたい」

「知ることと実践することの間には大きな開きがある。読書会に参加する人のコミュニティを作るということを12年かけて地道にやってきた結果、今につながった」

と、自身がリーディングファシリテーターとしての活動を始めたきっかけと、受賞の喜び、今後の抱負を語った。

また、渡邊さんは、著書『1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術』(サンマーク出版刊)も出しており、この本はRead For Action協会の2016年ベストブックに選出。

この本で紹介する20分という短時間で、本から自分が求めている情報を拾い上げるメソッド「レゾナンス・リーディング」は、忙しかったり、集中力が続かなかったりと、本を1冊読み通すことが難しい人でも、効率よく情報を集められ、結果的に読書習慣に結びつくと、高評価を集めている。

授賞式では、この本を編集したサンマーク出版の金子尚美さんが「読書文化大賞」の表彰を受けた。

金子さんは「読書のプロにこの本が評価されたことが光栄。読書術の本ではあるが、読書によっていかに人生が変わるかというメッセージも込められている。中国、台湾でも出版が決まっている、これからもこの本によって読書に目覚める方が増えてほしい」と語り、自身の担当した本への思いを明かした。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「これは昭和だ…」と思われているかも? やってはいけない資料の作り方

2016年最も輝いたオーディオブックに『君の膵臓をたべたい』

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。