体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“親密な関係”を作りたいなら、「ユー・クエスチョン」を使いこなせ

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第16回目は「親密な関係を相手と作りたいときの会話のコツ」についてです。f:id:k_kushida:20170510104431j:plain

人に要望を伝えたい時や、動いてほしいときにはコツがあります。

「あなたは◯◯してください」というユーメッセージだと、要望を伝えるのがストレートすぎて、命令を与えられているように感じさせてしまいます。

こういった場合、同じ要望でも、「私は、あなたが◯◯してくれると、とてもうれしい」という言い方を使うと有効的です。

「私はうれしい」というように、「私」から始まるフレーズをアイ(I)メッセージといいます。これについては前回紹介させていただきました。

要望を伝えるときには、アイメッセージが有効ですが、話を盛り上げたいときの質問は、「あなた(ユー、you)」を主語にするのが基本です。

よくやってしまいがちな、話ドロボウ

「昨日の休みは、海に行ってきたんだよ。いい天気で最高だったよ」

「へえ、(私は)海に行ったのはいつだったかなあ。そうそう、3年前に湘南に行ったときのことなんだけど、台風が来て、すごかったんだよ。海の家はぜんぶ閉まっちゃうし、もうずぶ濡れでさ、大変だったよ」

「去年、B’zのライブを見に行ったんだけど、球場の最後尾で、豆粒のようにしか見えなかったんですよ。でもやっぱり松本のギターは最高だね」

「そうそう、私もB’zは大好きなんで、よく聞きますよ。特に好きなのは水泳のテーマソングで、え~と、なんて曲だったかな、そうそう、ウルトラソウルだ。あれってかっこいいよね」

「ねえねえ、ちょっと聞いてくれる?休みに実家に帰ったら、私の親が、結婚しろってうるさいのよ。ほんとに嫌になっちゃうわ」

「あー、うちの親もよく言うよ。この前なんか、見合い写真を持ってきてさ、ホント迷惑な話だわ」

いずれも、何が問題かがわかりましたか?

一見、相手の話を聞いているようです。

でも、「私は」から始まる会話にすると、見事に話ドロボウになります。

話題を振られた時に、「私」を主語にすると、「自分もそんなことがあったなあ。それはいつだったけ?どんなないようだったけ」と、相手の話を聞くどころか、自分の過去の経験を思い出して、それを話すだけになりがちです。

こうして自己主張ばかりの会話になってしまうのです。

ユー(you)・クエスチョンで関心を寄せる

人から愛される人は、「私」を主語して話しません。「あなた(ユー)」を主語にして、さらに質問をしていく技を使っています。

【ユー・クエスチョンの例】

「昨日の休みは、海に行ってきたんだよ。いい天気で最高だったよ」

「へえ、(あなたは)どちらの海に行ったんですか?」

「湘南ですよ。家族みんなで海水浴に行ったんですよ」

「そりゃ、昨日は最高だったでしょう。(あなたの)子供さんはおいくつですか?」

「8歳と10歳だから小2と小4なんだけど、二人とも大喜びでさ、すごかったんだよ!というのも…」

「去年、B’zのライブを見に行ったんだけど、球場の最後尾で、豆粒のようにしか見えなかったんですよ。でもやっぱり松本のギターは最高だね」

「最高ですよね、(あなたは)特に好きなのはどの曲ですか?」

「そりゃ、最高なのは、『さまよえる蒼い弾丸』って曲ですよ。あの速弾きはほんと、しびれますよ!なんたって…」

「ねえねえ、ちょっと聞いてくれる?休みに実家に帰ったら、私の親が、結婚しろってうるさいのよ。ほんとに嫌になっちゃうわ」

「うんうん、わかるわー、それで(あなたは)親にどう返してるの?」

「今は仕事が楽しいから、結婚なんて考えられないって言うんだけどさ、とはいえ、年齢を考えると、そろそろ彼と、なんとかした方がいいとは思うんだよね。ちょっと相談乗ってくれる?というのはね…」

このように、質問をする時に「あなたは?」という言葉を使うだけで、相手に意識が向かいます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。