ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水晶のように美しく、緊張漂う食品ーースティーブ・ナカムラ & ノーバート・ショルナー写真展“NEARLY ETERNAL”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

8_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

6_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

7_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

5_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

2_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

4_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

3_IMAGE
NEARLY ETERNAL © Steve Nakamura & Norbert Schoerner

「人は皆、食べ物を得るために人生を費やしますが、もうこれで充分ということはありません(」旧約聖書より引用)
日本に拠点を置くアートディレクター、スティーブ・ナカムラ(Steve Nakamura)と、ロンドン在住のドイツ人フォトグ ラファー、ノーバート・ショルナー(Norbert Schoerner)によるコラボレーション作品集『NEARLY ETERNAL』。本書は食べ物に関する写真集であり、この中で食べ物は水晶のように豊かな色彩を放ち、全てが静止しているように見えると同時にサスペンスに満ちている。これらはプラスチックで出来た食品サンプルで“ 主に ”構成されており、それによって料理本の信憑性に挑戦し、見る人の想像力を刺激し、人造欲を産み、現実とフィクションの微妙な境界線を探った1冊となっている。このリリースを祝し、BOOKMARC(ブックマーク) 地下ギャラリーにて作品集の写真展を開催。初日夜には作家2人を招きシャンパンレセプションとサイン会を行う。

[スティーブ・ナカムラ & ノーバート・ショルナー写真展 “NEARLY ETERNAL” ]
会期:2017年5月12日(金)- 21日(日) 12:00 -19:00

[シャンパンレセプション&サイン会]
ゲスト:スティーブ・ナカムラ、ノーバート・ショルナー
日時:2017年5月12日(金) 19:00 – 20:30
場所:BOOKMARC (ブックマーク) 東京都渋谷区神宮前 4-26-14
お問い合わせ: マーク ジェイコブス カスタマーセンター 03-4335-1711

注意事項
・対象商品の準備数には限りがございます。完売の際にはご容赦ください。
・対象商品のお取り置きはお受けできません。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。

対象商品
FINALS 31MAR2015
タイトル:NEARLY ETERNAL
作家:スティーブ・ナカムラ(Steve Nakamura)&ノーバート・ショルナー(Norbert Schoerner)
出版社:Chance Publishing, an imprint of Claire de Rouen Books
判型:ハードカバー / 104ページ / 300 x 280 mm / カラー / 500部限定 / 2016年刊
言語:英語
販売価格:6,000 円(税抜)

スティーブ・ナカムラ(Steve Nakamura)
アートディレクター。ロサンゼルス生まれ、現在は東京を拠点に活動。2015 年からラフォーレ原宿の年間広告メインビ ジュアルのアートディレクターを務め、きゃりーぱみゅぱみゅのCDアートワークは、デビューから2016年まで5年間アートディレクションを担当。2016年に作品集「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016・STEVE NAKAMURA」を アイデア(雑誌)・特別編集/誠文堂新光社より刊行。

ノーバート・ショルナー(Norbert Schoerner)
フォトグラファー/フィルムメーカー。ドイツ生まれ、1989 年からロンドンを拠点に活動。「The Face」、「New York Times」、「Foam」などの雑誌や、COMME des GARÇONS、PRADA などの広告キャンペーンを手がける。これまでに2冊の写真集「The Order of Things」(2002 / Phaidon 刊)、「Third Life」(2012 / Violette Editions)を出版している。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。