体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

信じられるものがなくなった時代に必要なこと ブロガー・ちきりん<インタビュー「3.11」第6回>

ブロガーのちきりん氏

 おちゃらけ社会派ブロガーとして、オリジナルな視点から、主に時事問題について意見を発信しているちきりん氏。ブログ『Chikirinの日記』は月間150万PVを超えるほどの人気を博している。2011年は『ゆるく考えよう』(イースト・プレス)、『自分のアタマで考えよう』(ダイヤモンド社)の2冊を上梓し、さらには『BLOGOS Award 2011』大賞に選ばれるなど大活躍の年だった。

 ちきりん氏は自らを”混乱ラバー”と称しており、昨年3月11日の東日本大震災直後のブログエントリーで「これは日本が変わるチャンスだ」と語り、ネットでも話題となった。そのブログの真意、あるいは震災によって我々日本人が直面したこと、これから直面せざるを得ない問題などについて話を聞いた。

・東日本大震災 3.11 特集
http://ch.nicovideo.jp/channel/311

(聞き手:神田桂一)

■東日本大震災は「東京」を当事者にした

――東日本大震災は日本にどんな影響を与えたのでしょうか?

 今回の震災について、明治維新や終戦と並ぶ日本の大きな転換点なのかどうかという命題があります。転換点だと捉えている方には猪瀬直樹・東京都副知事がいらっしゃいますし、違うという意見もあります。私も猪瀬副知事と同様に、日本の社会が曲がり角だという意味では、タイミングとして、そうかなって思うんです。個人の生き方とか、エネルギー問題とか、働くということとか、今までの価値観がひっくり返った部分もあるという意味では確かに、この震災は明治維新以来、終戦以来かもしれない。

ブロガーのちきりん氏

 一方で、明治維新はもう二度と起こりませんよね。まぁ、違う形では起こるかもしれないけど、あれはあれで一回ですよね。終戦も一回性の出来事です。だけど今回起こった震災・津波・原発事故は、10年20年以内にもう一回同じことが起こったとしても、別に全然不思議じゃない。日本は地震国なんだから、むしろ地震に関して言えば、起こると思っておいた方がいいだろうと。

 だとすると、「もう一回起こるかもしれないことを、そのほかの出来事と同じように捉えるのはどうなの?」とも思います。つまり、「震災がまた起こるかもしれない。その時に向けて、私たちはどう生きるの?」的なことが問われていると言えるんです。「もう一回起こるかもしれない」って考えたとき、人間の生き方って変わるんですね。それに備えて、それを前提として「この人生どうしよう?」って考え始めますから。

 特に今回、非常に意味があると思ったのは、東京に大きな影響が出たことなんです。これは阪神淡路の震災を含め今までの災害と大きく違うところで、東京の人みんなが歩いて帰らなくちゃいけなくなるほどの巻き込まれ方となった。しかも、それだけで終わらなくて、その後一週間くらい”買いだめ”みたいなパニック的状況があって、「何これ?」「私たちこんなにバカだったの?」みたいなことが次々と起こったわけですよね。それが続いて、東京の水道水が汚染されてるということで、今度は「原発から逃げ出すかどうか・・・東京からも逃げ出すべきだろうか」という議論が起こりました。

 日本には災害は多いですが、とにかくここまで東京が当事者として巻き込まれたという意味では、それこそ終戦以来かもしれないんですね。ここが私はすごく大きな違いだと思っているんです。

■「自己決定」が日本を変えるきっかけになる

ブロガーのちきりん氏

――当事者となった東京の人々に、意識の変化のようなものはあったのでしょうか?

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。