ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ソフトバンク、「Xperia XZs」を5月下旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは 5 月 11 日、2017 年夏商戦向けのスマートフォン新機種「Xpeira XZs」を発表しました。発売時期は 5 月下旬の予定です。Xperia XZs は昨年秋に発売された Xpeira XZ の改良版です。Xperia XZ と同様に 5.2 インチディスプレイや Snapdragon 820(MSM8996)クアッドコアプロセッサを搭載していおり、カラバリやリアカメラがリニューアルされたほか、RAM が 4GB に増えているので、性能も若干向上しています。Xperia XZs の最大の特徴は「Motion Eye カメラ」を搭載している点です。リアカメラで 960fps のスーパースローモーション撮影やシャッターボタンを押した瞬間とその前に 4 枚の写真を撮影し、後からベストな一枚を選択できる機能に対応しました。リアカメラは Sony 新開発の DRAM 内蔵積層型イメージセンサーを採用しています。これは 1,900 万画素(1/2.3 型 Exmor RS)のイメージセンサーで、従来の Predictive Hybrid AF、5 倍の Clear Image Zoom、8 倍のデジタルズーム、LED フラッシュ、4K 動画、F2.0 / 24mm G レンズ)を搭載しています。フロントカメラは 1,300 万画素(1/3.06 インチ、F2.0 24mm レンズ)を搭載しています。カラバリはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの 4 色で、OS は Android 7.1 Nougat を搭載しています。筐体サイズは 146 x 72 x 8.1mm / 161g です。Xperia XZs も IP68 レベルの防水・防塵に対応しており、USB コネクタには USB 3.1 準拠の Type-C を採用しています。ディスプレイは 5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Triluminos 液晶、内蔵ストレージは 32GB です。Micro SD カード(最大 256GB)も使用できます。バッテリー容量は 2,900mAh で、Quick Charge 3.0 に対応しています。側面には指紋リーダー付きの電源ボタンがあります。このほか、ハイレゾ再生、LDAC、DSEE HX、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC などにも対応しています。ソフトバンクモデルはワンセグとフルセグ、VoLTE(HD+ に対応していますが、おサイフケータイや赤外線通信については対応の可否が明記されていません。Source : ソフトバンク

■関連記事
中国メーカー Meitu、セーラームーンとコラボしたAndroidスマートフォン「M8」を発表
SamsungのGear VR、2017年Q1は他社の競合製品よりも多い78万台を販売
有名なタスク管理アプリ「Any.Do」にパーソナルアシスタント機能とカレンダーが追加、UIも一部刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。