体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選【TABIZINE BLUE WEEK】

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
(C)facebook/ANA.Japan

青いロゴカラーが印象的な航空会社、ANA。この現在の青いロゴが生まれたのは創立30周年の1982年のことです。そしてこの“青”、実はギリシア神話に由来していることをご存知でしょうか。

安全な空の旅への願いが込められた「トリトンブルー」

どこまでも広がる美しい空。しかしそこは、いつも美しく晴れ渡っているわけではありません。荒天の中、視界の悪い中でも離陸せねばならないときがあります。

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
(C)facebook/ANA.Japan

ANAのロゴカラーの青には、「トリトンブルー」という呼び名があります。海にまつわる神トリートーンの波と風を鎮める力にあやかり、空の旅の安全を願ってつけられたそう。

そして、それまでシンボルカラーだったブルーは「モヒカンブルー」と名付けられました。これは、機体外装デザインがモヒカン刈りに似ていたため。「トリトンブルー」と「モヒカンブルー」、2つの青はANAの制服や機体外装のデザインなど、さまざまなところで目にすることができます。

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
モヒカンジェット (C)facebook/ANA.Japan

特別塗装機の先駆けはANA

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
マリンジャンボ (C)facebook/ANA.Japan

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
(C)facebook/ANA.Japan

機体にさまざまなキャラクターやイラストが描かれた夢のある特別塗装機、日本で初めて手がけたのはANAなんです。記念すべき第1号は、1993年に全国の中学生以下の公募で選ばれました。空飛ぶクジラ「マリンジャンボ」の誕生です。

このとき「『海より広い大空を泳いでみたい!』と願うクジラたちの夢」を描いた大垣友紀惠さんは、現在グラフィックデザイナーとして活躍されているそうです。たしかに、自分の描いた夢が実際に大空を飛ぶ姿を見たら、その感動は一生忘れられないものになりそうですね。

そして、スヌーピー号やポケモンジェット、STAR WARS™ JETSなどさまざまな特別塗装機が登場。最新のデザインは、2019年春から東京=ホノルル間を飛ぶ予定の「FLYING HONU」です。こちらも世界中からの公募2,197作品から選ばれました。「ホヌ」とはハワイ語でウミガメのこと。ハワイでは、ウミガメを見ると幸福や繁栄が訪れると言われていて、人々に愛されているのだとか。

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
FLYING HONU (C)ANA

青い航空会社といえばANA。ロゴの由来と青いオリジナルグッズ5選
(C)ANA

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会