ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

きゃりーぱみゅぱみゅ、JAM Projectも超会議に参加決定!! 大ボリュームのニコ動5周年新サービス発表会

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコニコ動画新サービス発表会

3月6日六本木『nicofarre(ニコファーレ)』にて『ニコニコ動画』の5周年記念新サービス発表会が行われた。 今回は大ボリュームの発表となり、大きく大別すると『ニコニコ動画』自体のサービス・コンテンツに関しての発表と4月28・29日に幕張メッセで行われる『ニコニコ超会議』に関しての発表の2つが行われた。 またオープニング動画は『ニコニコ動画』のスタッフが大集結し、動画中の演出も相まってお祭り感溢れる内容で『ニコニコ動画』の楽しさを伝えていた。

まずはどどんと新サービスの発表から

会員数は2600万人以上

恒例となった現時点での『ニコニコ動画』の会員数は2632万人、プレミア会員も150万人を突破するなど堅調な伸びを見せている。 まず最初に発表されたのが「ニベントカレンダー」だ。 これは公式、非公式、ネット、リアルを問わず書き込み可能なイベントカレンダーで、”検索が楽”をキーワードに開発されたものだ。 このサービスは発表会と同時に開始されたとのことだ。

イベント共有サービス「ニベントカレンダー」 戦勇がジャンプSQで連載に

続いてはユーザーが自由に画像を投稿出来る『ニコニコ静画(せいが)』に関して。 『ニコニコ静画』で人気を博している漫画『戦勇』(春原ロビンソン著)が集英社の雑誌『ジャンプSQ』で連載が決定し、また『ニコニコ動画』オリジナルストーリーによる『ポケモン+ノブナガの野望』のコラボ漫画も決定。 サービスとしては漫画形式の投稿に対応する「マンガ投稿」サービスも発表された。

オリジナルストーリーでのコラボマンガとなる ニコニコアプリは2タイトルが発表

ニコニコアプリからは2タイトルが発表。 “眠れるお姫様を起こしつつモンスターから守る”をコンセプトとしたRPG『アナザープリンセス』とアクションRPG『エルソード』だ。 キャストに沢城みゆきさん等の豪華声優陣が参加するとのことで、ファンは注目だ。

人とコンピューターの囲碁対決

生放送関係ではプロ野球中継がパワーアップ。 現在も楽天イーグルスのホーム全試合を生放送していたが、今年は更にソフトバンクホークスとDeNAベイスターズのホーム全試合も生中継が決定。 合計216試合を『ニコニコ動画』で楽しむことが出来るようになった。 更にコンピュータが囲碁名人に挑む番組も決定。 3月17日、9時45分から武宮正樹、九段が最強の囲碁プログラム『Zen』と勝負を行う。

LOST全シーズンを無料放送

『ニコニコ映画』に関しては現在の『ワーナー・ブラザース』以外からも『東映』・『松竹』・『ウォルト・ディズニー・ジャパン』からの提供が決定。 「仮面ライダー響鬼(ひびき)」や「忍者戦隊カクレンジャー」、更に「LOST」の全シーズン放送が決定するなど、こちらも要チェックだ。

更に目白押しな超会議に関して

ニコニコ超会金

前述した『ニコニコ超会議』イベントも他数の追加情報が発表された。 まず登場したのは『ニコニコ超会議』のマスコットキャラ「ニコニコ超会金」。 こちらはイベントが実施される4月いっぱいまで色々なところに出撃し『ニコニコ超会議』のアピールを行うということだ。

会場ではコメントが投影される予定だ

また、全体図を使っての説明では、巨大な鳥居やホールにあるガラスを利用してのコメント投影など会場にも仕掛けがいっぱい。 各ブースに関しては「囲碁・将棋」では橋本崇載八段と声優・岡本信彦さんの将棋対決、「踊ってみた」では踊ってみたオフ、「演奏してみた」では最新楽器機材を揃えてのセッションブース、「ニコニコミュージカル」ブースでは作品紹介や衣裳・小物の展示、ユーザー参加型イベントとして「超ミドリンピック」の開催告知、「科学」ブースでは「はやぶさ2」プロジェクトマネージャの吉川真さんによるトークなどなど詳細が見えてきた。

囲碁と将棋にはスペシャルゲストが 演奏してみたではセッションが可能に 生主よ集え超ミドリンピック ニコミュでは過去作品の資料が展示される

更に新企画として世界一の格闘ゲーマーを決める大会『闘劇』の予選会が決定。 他の予選とは異なり全予選大会を開催し、またこの予選で勝ち残れば一発で決勝である世界大会に出られるとあって腕に覚えのあるゲーマーにはビッグチャンスだ。

ニコニコ学会では研究発表100連発など

カンファレンスブースでは超エンジニアミーティングとして一日でプログラムを作る「ハッカソン」の開催、三重の人さんやポエ山さんら人気動画投稿者による動画制作のテクニックを聞ける「超クリエイターズサミット」、田原総一朗さん、茂木健一郎さん、上杉隆さんらによる「ニコニコ言論コロシアム」などが開催される。 更には津田大介さんのブースや、詳細不明な「ほりえもんブース」も登場するとのことだ。

超エンジニアミーティング 超クリエイターズサミット 言論コロシアム 田村淳さんが参加

また『ニコニコ超会議』内の有料イベントである「超パーティー」においては、きゃりーぱみゅぱみゅさん、JAM Projectさん、高橋洋子さん、広瀬香美らの出演も決定。 現在までで総勢210名が参加することが決定、更に特別MCとしてロンドンブーツの田村淳さんも出演し、その豪華さは目を引く。 チケットも追加販売が決定しているので気になる方は要チェックだ。

きゃりーぱみゅぱみゅ jamproject ブルートレインはお土産もいっぱい

最後に鉄道ファンに見逃せないのがブルートレイン&お座敷列車「宴」の運行が決定したことだ。 幻の寝台特急ブルートレインは総走行距離800km、大阪から上野までの12時間じっくりと堪能出来る。 こちらは現在『ニコニコ動画』プレミアム会員先行で受付が開始中だ。

非常にボリュームのある内容が続いた今回の発表。 更なる詳細を知りたい方は『ニコニコ超会議』公式サイトをチェックして欲しい。 “原点回帰”・”ニコ動の全てを地上に(ほぼ)再現”をコンセプトに作られる本イベントのスケール感がより詳細に分かるはずだ。

新サービス発表会(γ)&ニコニコ超会議続報まとめ
http://blog.nicovideo.jp/niconews/2012/03/030545.html

謎のほりえもんブース
ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。