ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

安田レイが史上初「泣ける歌声」に認定、東京タワー大展望台の【号泣イベント】で生歌披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
安田レイが史上初「泣ける歌声」に認定、東京タワー大展望台の【号泣イベント】で生歌披露

 安田レイが、5月9日に東京タワー大展望台1F Club333で行なわれた涙活プロデュースの【号泣イベント】に出演し、涙活より史上初となる「泣ける歌声」を認定受賞した。

安田レイ【号泣イベント】写真(全4枚)

 安田レイが5月24日にリリースする最新シングル「きみのうた」は、本人が実体験をもとに作詞したもので、涙活プロデューサーの寺井広樹がプロデュースを担当。涙活プロデュースによるMVは、大切な“彼”を事故で失い傷ついた“ワタシ”の葛藤と再生を描くストーリーとなっており、“泣ける”と話題だ。

 そして、このたび涙活が史上初となる号泣イベントを東京タワーで開催。感涙療法士の吉田英史による泣き言セラピーや、涙活が選んだ感涙動画に加え、安田レイが夜景とともに「きみのうた」を生披露した。

 寺井プロデューサーは、「安田レイさんの歌声は、非常に感動・感涙します。誠に勝手ながら“泣ける歌声”として認定授与させて下さい」と涙型のトロフィーを授与。 安田レイも「こんな賞をいただけるなんて!ありがとうございます。色んな辛いことを思い出して書いてよかったです。気持ちが救われます」とコメントした。

 また号泣の日に合わせ、史上初となる泣きだすWEBページ、“泣くWEB”というサイト(http://www.nakiweb.com/)も出現している。こちらは、安田レイ「きみのうた」の楽曲に合わせて、WEBページ全体が泣きだすという仕様になっており、SNSを中心に「すげえ。泣いてる。」「すばらしい。」「これやばいわ、よく出来てる。」と話題だ。一体、どのように泣きだすのかは実際に目で見て確かめて欲しい。

◎リリース情報
安田レイ「きみのうた」
2017/5/24 RELEASE
通常盤<CDのみ / 通常JK仕様>SECL-2161 1,200円(tax in.)
期間生産限定盤<CDのみ / アニメJK仕様>SECL-2162 1,300円(tax in.)
https://youtu.be/YvlA5XBuXYA

関連記事リンク(外部サイト)

安田レイ、新曲MVは「写ルンです」をとおして描かれる“号泣”ストーリー
安田レイ、初の“泣ける”失恋ソング「きみのうた」5月に発売 
【尾崎世界観の日 特別篇】クリープハイプ代表曲~初期のレア楽曲までスペシャルセット弾き語り

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。