ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カナダの脅威のカクテルが話題 足の指が入ったお酒で度胸試し

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今ネットで非常に話題になっているカクテルがある。一昔前は韓国で『トンスル』と呼ばれる糞とカクテルを混ぜたお酒がネットで話題になった。しかし今回のも強烈だ。今回のカクテルは『Sourtoe Cocktail(サワートゥカクテル)』というもの。中に入っているのはなんと足の親指なのだ。

何故このようなカクテルが? ここから先は多少グロテスクではあるが、このまま紹介していきたい。このカクテルが出来た歴史を紹介しているブログがあるのでそちらを引用する。

“「サワートゥカクテル」の歴史は、1920年代、アメリカが禁酒法の下にあった頃に始まります。
禁酒法のなかったカナダからは、当然のごとく、大量のお酒がアメリカに流れました。
ルイ・ライケンとオットー・ライケンの兄弟も、カナダからアメリカまで犬ぞりで密かにお酒を運んで生計の一部にしていました。

激しい吹雪の中を移動中、兄のルイは誤って片足を川の水に浸けてしまいました。
けれど、警察の追っ手を振切るためには、濡れた足のまま旅を続ける他ありません。
その結果、ルイの足の親指は凍傷にかかり、切断の必要に迫られました。”

とここまでは分かるだろうか。寒い中親指が凍傷になってしまい切断。しかし彼は病院に行くお金もなく、このあと取った選択は「自ら切断」だった。しかしそのまま切断しては激痛どころではおさまらないだろう。そこで麻酔がわりにアルコール度数の高いラム酒を飲んだそうだ。それで麻酔になるのかどうかは不明だが……。斧で一振り、凍傷した足の親指の切断には成功し、記念に切断した親指を瓶の中に入れアルコール漬けにしておいたそうだ。

それから再度そのアルコール漬けの親指が発見され、『サワートゥカクテル』として提供されはじめた。この『サワートゥカクテル』はカナダ全土で提供されている飲み物ではなく、ドーソンシティにある『サワートゥカクテル・クラブ』というバーで提供されている。
このカクテルはゲーム的な飲み方があり「口を付けたら飲んだとみなす」「飲み干したら証明書が発行される」というルールがあるようだ。ミイラ化したお酒を度胸試しに飲むという遊びなのだろう。

世界にはまだまだ変わったカクテルがありそうだ。

参照元:Sourtoe Cocktail(サワートゥカクテル)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。