体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1日でも早く「仕事ができるようになる」ための3つの質問

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第11回の今回は、「仕事ができるようになるために必要なこと」についてです。

f:id:tany_tanimoto:20170420185925j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

春と言えば、新入社員が入ってきたり、部署異動があったりと、何かと人が動く季節ですね。この時期になると、先輩社員は後輩を迎える準備に余念がありません。

一方、迎えられる側としては、「新しい環境でうまくやっていけるか?」「仕事に追いつけるか?」といった疑問で不安になっているのではないかと思います。

そこで今回は、そうした新米の方向けに、どのような点に気をつけながら仕事をしていけばいいのかをお伝えしたいと思います。

やり方を真似するだけでは、「真の仕事」に到達できない

私は以前、セミナー受講生から以下のような質問をいただいたことがあります。

「私は、メーカーでエンジニアとして働いている入社2年目です。技術職のためか、これまでは主に派生業務ばかりをやらされてきました。最近になって、ようやく先輩方と同じ業務を行うようになったところ、それまで内心『あまりパッとしないな』と思っていた先輩が、急にすごい人に見えてくるようになりました。1日も早く仕事を覚えようと頑張っているつもりですが、自分が成長している実感がありません。早く先輩のようになるには、どうすればよろしいでしょうか?」

通常、人は新しい環境へ行くと、一刻も早くそこに順応しようとします。ですが、ここで仕事を覚えることばかりに気を取られていると、表面的なやり方を模倣するだけに終始しがちです。

仕事は「覚えてからがスタート」と知る

多くの人は、「仕事を早くこなせるようになる」ことがゴールだと思っています。しかし本当の仕事とは、「そこからがスタート」です。

ご質問の方のように、「先輩がスーパーマンに見える」というのは、とても幸せなことと言えます。なぜなら、そこには「学ぶ理由」があるからです。大事なのは、むしろ仕事に慣れて、先輩が「普通の人」に戻ったあと。それは自分が成長した証ですが、ここで慢心して力を抜くことなく、次の新しいチャレンジを取りに行くことが大切です。

先輩の後ろについて学んでいる今の状態では、成長の実感を持ち難いのはムリもありません。このような時にもっとも大切なのは、まずは実務の習得を通じて、仕事の基礎を学ぶことです。ここで言う基礎とは、仕事に向き合う姿勢や考え方のことを指します。ここを押さえられれば、仕事内容がどう変わっても、応用範囲は無限大となります。

仕事に対する姿勢や考え方は、一朝一夕で身につけられるものではありません。それを身につける方法としては、たとえば仕事のできる先輩がどのように業務を行なっているのかを、よく観察することです。

技は完成形を盗むものですが、姿勢や考え方を学ぶのに一番良いのは、その先輩が「いけていない時にしてきた苦労」です。可能であれば先輩にお時間を頂戴し、「修行時代にどのようなことにこだわっていたか?」をインタビューしてみると良いでしょう。

f:id:tany_tanimoto:20170420190157j:plain

「仕事の本当の意味を知る」ための3つの質問

それではここで、私が新しい仕事を始める際に、いつも自分に問いかけている「3つの質問」をご紹介したいと思います。私はいつも、以下の3つの視点から仕事を見るようにしています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy