体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYのグッゲンハイム美術館所蔵のアートブック200冊以上が無料でダウンロード可能に

インターネット・アーカイブで公開されているロイ・リキテンスタインのアートブックメトロポリタン美術館をはじめとする美術館やニューヨーク公共図書館(NYPL)などの公共図書館では、所蔵作品や地図、古書などのデジタルアーカイブをパブリックドメインとして公開する動きがみられるようになってきた。

ニューヨークの「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」もそのひとつだ。

・グッゲンハイム美術館所蔵のアートブック200冊以上が無料でダウンロードOK

グッゲンハイム美術館の蔵書が公開されているウェブページ「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」では、2012年以降、所蔵するアートブックのデジタルアーカイブを、非営利の電子図書館「インターネット・アーカイブ(Internet Archive)」で開放してきた。

現時点で公開されているのは、著名な芸術家であるパブロ・ピカソやオーストリアの画家グスタフ・クリムト、ポップアートの代表的な画家として知られる米国のロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)らを採り上げた書籍を含め、200冊以上。

いずれも、PDF形式やePub形式で提供されており、誰でも無料でダウンロードできる。

・インターネットでアートブックを楽しめる時代に

「インターネット・アーカイブ」では、このほか、メトロポリタン美術館やニューヨーク近代美術館(MoMA)、ホイットニー美術館などの蔵書もすでに公開されている。

学者や芸術家、技術者、教育関係者から一般の芸術愛好家まで、様々な研究や創作活動に役立ちそうだ。

The Solomon R. Guggenheim Museum / Digital Archives

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy