体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワーナーミュージック、YouTubeとグローバルライセンス契約で合意するも「収益格差」を問題視

ワーナーミュージック、YouTubeとグローバルライセンス契約で合意するも「収益格差」を問題視

YouTubeと、メジャーレコード会社のワーナーミュージックグループが、グローバルでのライセンス契約の延長で合意したことが、ワーナーミュージック社内向けのメールで明らかになりました。

The Varietyが入手したワーナーミュージックのCEO、スティーブ・クーパー (Steve Cooper)が社員宛に送ったメールによれば、ワーナーミュージックとYouTubeのライセンス契約はレコード音楽事業と音楽出版事業での契約で、ワーナーミュージックとその傘下レーベルがリリースする作品の権利に加えて、音楽出版事業であるワーナー/チャペル・ミュージックが契約する作曲家やアーティストたちの著作権まで網羅します。

ワーナーミュージックは、メジャーレコード会社3社で最も早くYouTubeと2006年9月にライセンス契約を締結しました。YouTubeはその1カ月後にグーグルが当時のレートで16.5億ドルで買収します。

YouTubeとワーナーミュージックのライセンス契約を仕掛けたキーパーソンは、ヒップホップレーベル「デフ・ジャム・レコーディングス」を運営した後、ワーナーミュージックのCEO兼会長に就任したリオ・コーエン (Lyor Cohen)。評価が別れるコーエンは、現在YouTube初の音楽部門グローバル統括職(Global Head of Music)についていることも、レコード会社との契約交渉に影響があることに間違いはないでしょう。

関連記事 「デフ・ジャム」成功の立役者は、音楽業界とYouTubeの関係を救えるか?

その後もワーナーミュージックとYouTubeの関係は続きますが、必ずしも順風満帆ではありませんでした。2008年にワーナーミュージックはYouTubeが放置する違法にアップされた音楽コンテンツに抗議する形で、YouTube上からワーナーミュージックのコンテンツを引き上げる強硬手段に出ました。

両社によって契約の見直しが行われた結果、9カ月間のサイレント状態からワーナーミュージックのコンテンツが再公開された歴史があります。

その他のメジャーレコード会社であるユニバーサルミュージックとソニーミュージックは、YouTubeとライセンス契約の協議を進めていますが、まだ更新はされていません。2社の契約交渉が進まない理由の一つは、海外で展開される動画配信サービス「Vevo」との契約が含まれるからです。Vevoは2009年にユニバーサルミュージックとソニーミュージックが立ち上げた合弁会社です。

バリューギャップ問題

国際レコード産業協会(IFPI)が先日発表した、2016年における全世界での音楽業界の実績では、「バリューギャップ」の問題がデータとして昨年よりも深刻化していることが明らかになっています。

関連記事 2015年の世界の音楽産業は史上初デジタル売上がフィジカルを上回る、IFPIが発表。売上150億ドルで3.2%プラス成長

YouTubeとその他のユーザー投稿型サービスは、2016年に音楽コンテンツの権利保有者への支払いは総額5億5300万ドルの支払いが発生しています(ストリーミング再生1曲あたり0.001ドル換算)。

しかし、SpotifyやApple Music、Tidal、Deezerなどオンデマンド型の有料音楽ストリーミングサービスと広告型音楽ストリーミングサービスが、音楽権利者に支払ったロイヤリティ総額は39億ドルとなり、これはユーザー投稿型サービスの7倍以上で、いかに定額制音楽ストリーミングが音楽業界のマネタイズを支えているかが浮かび上がります(ストリーミング再生1曲あたり0.008ドル換算)。

さらに顕著な結果として浮かび上がってきたのは、ユーザー数とライセンス料分配の比率です。オンデマンド型音楽ストリーミングがわずか2億1200万人以上で前述の分配額を達成している一方で、YouTubeなどユーザー投稿型サービスは世界で9億人以上のユーザーを抱えるほど巨大なプラットフォームですが分配総額は劣るのです。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。