ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

YOSHIKI緊急手術へ、米カーネギーホール公演では既に左手の感覚なく

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
YOSHIKI緊急手術へ、米カーネギーホール公演では既に左手の感覚なく

 X JAPANのYOSHIKIが、米国時間 2017年5月16日にロサンゼルスにて、頚椎人工椎間板置換の緊急手術を行うことが分かった。

 YOSHIKIは、 身体を酷使する激しいドラムプレイにより2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断。いままでに、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除2つの手術を受けている。 ところが約半年前から頸椎椎間板ヘルニアの悪化により手・腕に麻痺・強度のしびれなどの症状が表れるようになり、演奏にも支障をきたすようになったという。

 病院で精密検査を受けた結果「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断。 日米双方の医師と何度も協議を重ねた結果、この度手術をせざるを得ない状況となった。担当医は、「現在の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況」とコメント。2017年1月の米カーネギーホール公演では既に左手の感覚を失っており、このままではアーティストとして再起不能となると診断し手術を決断したと明かした。

 5月に予定されていたスケジュールは全てキャンセルが決定しており、7月のX JAPANワールドツアーおよび8月から9月に予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショーなどについては、現在米エージェントと協議が重ねられている。

関連記事リンク(外部サイト)

「音楽の聴き方が変化することで、作曲方法も変化してきましたね」― YOSHIKI インタビュー
X JAPAN YOSHIKI チケットが10~20倍に、「ファンが傷付くのは、 許される事ではない」
YOSHIKI×ハローキティ「yoshikitty エンジェルシリーズ」に“ぬいぐるみ”が登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。