ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【米ビルボード・アルバム・チャート】ケンドリック・ラマーが3週連続No.1、ゴリラズが2位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】ケンドリック・ラマーが3週連続No.1、ゴリラズが2位に初登場

 ケンドリック・ラマーの新作『DAMN.』が、通算3週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 3週目にして17万ユニットを超えるポイントを獲得し、3週目の首位を死守した、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』。本作があまりにも強く、惜しくも首位を逃したが、ゴリラズの新作『ヒューマンズ』も、14万ユニットと高ポイントを獲得して、2位にデビューを果たした。ストリーミングを除いたセールスは115,000枚で、実売だけでみると、ケンドリック・ラマーの売上を上回っている。

 ゴリラズは、2005年にリリースされた2ndアルバム『ディーモン・デイズ』からのシングル「フィール・グッド・インクfeat.デ・ラ・ソウル」のヒットで知られるバーチャルバンドで、日本でもiPodのCMソングとして使われヒットした。本作『ヒューマンズ』は、2010年リリースの『ザ・フォール』以来7年振り、通算5作目のスタジオ・アルバムで、TOP10入りは3作目となる。アメリカ以外でも、英国(UK)、アイルランド、カナダ・チャートで2位、ニュージランド、ドイツで3位に初登場するなど、世界各国でヒットを記録している。

 続いて3位には、クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルこと、メアリー・J. ブライジの新作『ストレングス・オブ・ア・ウーマン』が、およそ8万ユニットを獲得してデビューした。本作は、前作『ザ・ロンドン・セッションズ』(2014年)から、およそ2年半振り、通算13枚目のスタジオ・アルバムで、1992年のデビュー・アルバム『ホワッツ・ザ・441?』から、13作連続のTOP10入りという快挙を成し遂げている。4位にドレイク、5位にエド・シーランのアルバムを挟み、6位には、コンピレーション・アルバム『エピックAF』が初登場。本作は、エピック・レコードによるコンピ盤で、所属ラッパーたちによるナンバーが収録されている。

 10位には、ベテラン・カントリー・シンガー、ウイリー・ネルソンの新作『なんてこったい!』が初登場。本作は、昨年9月にリリースしたレイ・プライスのトリビュート盤から、1年経たずしてリリースされたアルバムで、通算61枚目のスタジオ・アルバムとなる。1962年のデビューから、60作を超えるアルバムを発売してきたが、スタジオ・アルバムとしてTOP10入りするのは、意外にも本作で4枚目。カントリー・チャートでは首位を獲得した。

 11位には、ジョン・メレンキャンプの新作『サッド・クラウンズ&ヒルビリーズ』が初登場。1971年のデビュー作から通算23作目となるスタジオ・アルバムで、TOP10入りは逃したが、前作『プレイン・スポークン』(2014年)の18位から大きく上昇した。16位には、ワシントンD.C.出身のラッパー、ワーレイの通算5作目のスタジオ・アルバム『シャイン』がデビューした。前作『アバウト・ナッシング』(2015年)では首位デビューを果たしたが、本作では一気に順位を落としている。先行シングルの不発などが影響した。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は10日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
2位『ヒューマンズ』ゴリラズドレイク
3位『ストレングス・オブ・ア・ウーマン』メアリー・J.ブライジ
4位『モア・ライフ』ドレイク
5位『÷』エド・シーラン
6位『エピックAF』VA
7位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
8位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2』サウンドトラック
9位『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』ザ・チェインスモーカーズ
10位『なんてこったい!』ウィリー・ネルソン

関連記事リンク(外部サイト)

5月20日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
5月20日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ペンタトニックスのカースティンがソロ・デビュー?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。