ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】J・ビーバーやチャンス・ザ・ラッパー参加のDJキャレド新曲が初登場1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】J・ビーバーやチャンス・ザ・ラッパー参加のDJキャレド新曲が初登場1位

 DJキャレドの新曲「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」が、新たなNo.1に輝いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 この曲は、近日中に発売される予定の、DJキャレドの新作『グレイトフル』からの先行シングルで、4月28日に配信がスタートし、デジタル・チャートで首位を獲得した。また、同日に公開されたミュージック・ビデオは、これまでに9000万回の視聴回数を記録していて、このストリーミング・ポイントも加わり、堂々のNo.1デビューを果たした。

 DJキャレドとチャンス・ザ・ラッパーにとっては初のソング・チャート首位獲得で、クエヴォはミーゴズ名義で獲得した「バッド・アンド・ブージー」に続く2曲目、リル・ウェインは、2009年にリリースされた、ジェイ・ショーンの「ダウン feat.リル・ウェイン」以来およそ8年振り、通算3曲目、ジャスティン・ビーバーは、アルバム『パーパス』(2015年)から輩出された3曲のNo.1ソングに続く、通算4曲目の首位獲得となる。

 先週首位を獲得した、ブルーノ・マーズの「ザッツ・ワット・アイ・ライク」は2位にダウンし、3位にはルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が先週の4位から上昇した。ジャスティン・ビーバーは、TOP3に2曲のタイトルをランクインさせていて、昨年も「ラブ・ユアセルフ」と「ソーリー」の2曲を同時にランクインさせている。次週は、2度目のワンツー・フィニッシュを果たすかもしれない。

 先週の37位から20位にランクアップしたのは、ロック・バンド、イマジン・ドラゴンズの新曲「ビリーバー」。この曲は、6月23日にリリース予定の新作『エヴォルヴ』からの先行シングルで、ロック・チャートではNo.1獲得を果たしている。イマジン・ドラゴンズのTOP20入りは、昨年大ヒットした映画『スーサイド・スクワッド』のサントラ盤に収録された「サッカー・フォー・ペイン」(最高位15位)に続く通算4曲目。ロック・バンドとしては、ソング・チャートで上位にランクインすること自体珍しく、今週も上位20組のほとんどは、ラップ/R&B系アーティストによるタイトルが占めている。イマジン・ドラゴンズは、新作に収録される予定の新曲「サンダー」も、今週70位にランクインさせている。

 ラッパー、ロジックの新曲「1-800-273-8255 feat.アレッシア・カーラ&カリッド」が61位に、カイゴとエリー・ゴールディングのコラボ・ソング「ファースト・タイム」は67位に、それそれ初登場した。カイゴは、セレーナ・ゴメスをフィーチャーした「イット・エイント・ミー」が10位に、アレッシア・カーラはゼッドとコラボした「ステイ」が今週11位に停滞していて、それぞれ大ヒットしている。この勢いに乗せて、新曲も上位ランクインが期待できるかもしれない。

 ミーゴズがゲスト参加した、ケイティ・ペリーの新曲「ボナペティ」は、セールス、ストリーミング共に伸び悩み、76位デビューと出遅れた。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、10日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「アイム・ザ・ワン」DJキャレドfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン
2位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
3位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
4位「ハンブル.」ケンドリック・ラマー
5位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
6位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
7位「マスク・オフ」フューチャー
8位「アイスパイ」カイルfeat.リル・ヤッティ
9位「XO TOUR Llif3」リル・ウージー・ヴァート
10位「イット・エイント・ミー」カイゴ&セレーナ・ゴメス

関連記事リンク(外部サイト)

5月20日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
5月20日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
ペンタトニックスのカースティンがソロ・デビュー?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。