ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

最新のスマート枕が、眠りの「質」を高めてくれる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

目覚まし時計を何度も止めながら二度寝、三度寝・・・・・・。翌朝、早く起きないといけないときに限ってなかなか寝付けず、気付けば空が白んできた・・・・・・。誰にでも経験のある、そんな睡眠に関する悩みを枕が解決してくれそうです。

米・ロサンゼルス拠点のスタートアップが開発するスマート枕『Sunrise Smart Pillow』は、見た目は普通の低反発枕のようですが、内部に多機能なテクノロジーが詰まっていて、さまざまな視点からあなたの「快眠」をサポートしてくれます。

まずはあなたの睡眠リズムを測定

まずは記録する機能。枕には加速時計やジャイロスコープが内蔵されており、寝返りなどの様子から「睡眠リズム」を測定します。日々の睡眠データが蓄積され、寝不足状態や覚醒しにくい状態を判別できるようになり、ベストな覚醒タイミングを見極めてスムーズな起床へと導いてくれるそう。自分の睡眠を知ることが快眠への第一歩というわけです。

サウンド機能でリラックス

睡眠中にはスマホのオーディオと連動したサウンド機能で心地よい睡眠環境を整えてくれます。連携アプリには眠りを誘うビートやホワイトノイズ、瞑想ガイドなどを用意。雨の音や波の音、オルゴール音楽など、リラックスできるサウンドも内蔵されています。

LEDライトが穏やかな目覚めをサポート

LEDの点灯機能にも秘密が。起床時間が近づくと、枕の両端に埋め込まれたLEDが初めは赤く、それから徐々に白に変わっていきます。これは実際の朝日の色を再現したものなのだとか。また、人間の覚醒作用に効果があると言われているブルーライトも仕込まれているため、よりスッキリとした目覚めを期待できるそう。短時間で睡眠を取りたい昼寝などにも役立ちそうです。

良い生活は、良い睡眠から

Sunrise Smart Pillowは現在クラウドファンディングサービスKickstarterで5月18日まで、119ドル(日本円:1万3,000円)から支援受付中。睡眠不足の影響で日中ぼーっとしたり、エンジンがかからずイライラしたりしがちな人は、まずは睡眠から見直してみませんか? Sunrise Smart Pillowが毎日を変えてくれるかもしれません。
こちらの記事もあわせてどうぞ
夏の省エネ対策に!! 家の電気代を丸見えにする「auでんきアプリ」とは?

関連リンク

Sunrise Smart Pillow

関連記事リンク(外部サイト)

その日のコンディションに合わせたベストな睡眠を。IoTマットレスパッド「モーリング」
いびきストレスからの解放。スマート枕で睡眠の質を一気に高める
【zzz……】秋の夜長の眠りを変える最新ガジェット3選

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。