体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Amazon Fire TV Stick』2017年新モデル検証。3週間連続使用してみてわかった旧モデルからの進化点!

Amazonプライム会員なら、テレビにサクッと挿すだけで、映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組、音楽(Prime Music)などが追加料金なしでも大量に楽しめる「Fire TV Stick」。ついに待望の性能アップ版が2017年新モデル『Amazon Fire TV Stick』が登場。小さくて手軽なのは良くても性能面で問題もあった前モデルからどのように進化したのか?

長時間連用すると熱やメモリ不足で不安定になっていた旧モデルから格段の進歩をしてくれているはずの新モデル登場!

普段から通販でAmazonを利用している人なら、月額325円相当(年会費3,900円契約)で、大半の対象商品がお届け日時指定及びお急ぎ便が無料となるAmazonプライム会員に加入している人も多いだろう。ただそこまでは通販としての魅力。


ところが2015年9月にスタートした動画見放題サービス「Amazonプライム・ビデオ」で状況は大きく変わる。追加料金なしで映画などのコンテンツが見られるということで、映画好きとしてはグッと胸ぐらを掴まれた感じだ。

 

しかも多くの先行開始した「Netflix」などの動画見放題サービスはPC視聴を前提としているのも使い勝手が悪かった(テレビに接続することも可能だったが、操作がPC…)。そこで登場したのが、わずか5,000円程度の追加投資で、テレビのHDMI端子に直接接続して普通にテレビ的に楽しめることを可能にした「Fire TV Stick」の登場である(「Google Chromecast」という選択肢は、動画サービスを別に契約しなくてはならず、魅力を感じなかった)。


記者もついつい購入してしまい、その手軽さに感動した。ただお世辞にも開始当初のコンテンツは決して充実したラインナップとは言えなかったのだが。それでも無料できちんとした映画が楽しめるのは驚き。使用しているうちにラインナップも偏りはありつつも、どんどん充実していき、無料映画しか検索できなかった当初から、有料レンタルコンテンツまでシームレスに探せるようになった時期頃から、レンタルビデオ店に行くことがなくなってしまったくらい。

 

ただ問題は小さくて手軽という利点は、そのまま性能的にも小ぶりでヘヴィーユーズには力不足という点にも通じていたこと。ザッピング状態で次から次へとコンテンツを見まくると、次第に動作が緩慢になり、しまいには本体がアツアツになってエラーしてしまうことも。

 

小さなPCと考えれば仕方のないことなのかもしれないが、PC(Mac)やiPhoneからiTunesの音楽からYouTubeの動画まで「Fire TV Stick」に頼って再生、その合間に「Fire TV Stick」にインストールしたインターネットラジオ・アプリを使用していたせいもあって、1日の大半を休みなく活躍させるにはデュアルコア性能では力不足だったらしい。

 

プライム・ビデオなどのコンテンツが充実していけばいくほど、正直そうしたエラーのストレスから、上位モデルへの買い替えも考えていた。そんな折にアマゾンジャパンから、2017年新モデル『Amazon Fire TV Stick』(85.9 x 30 x 12.6 mm/32g・希望小売価格 税込4,980円・2017年4月6日発売)登場の知らせが飛び込んできた。

渡りに船とはこのことだ。しかし前回「Fire TV Stick」を購入してすぐは感動ばかりで不満を感じる暇がなかった。しかし連用し続けることによって、それなりのストレスも増えていったという経緯がある。なので今回は3週間みっちり使い込んでみてのレポートをすることにした。

 

旧モデルからパワーアップしたのはどんなところ?

左が旧モデルで、右が新モデル。使用方法は前モデルと同じ。

旧2015年モデルの「Fire TV Stick」同様スティック状の小柄な本体を、テレビのHDMI端子につなげば良い。

テレビの端子形状が接続しにくい場合のためのHDMI延長ケーブル付属も同様。


まあ変わらぬ落とし穴(?)としては、スティックはWi-Fi無線接続でケーブルレスだが、電源ケーブルは差さなくてはならないところ。テレビの角度をちょこちょこ変えてみる記者は、よくその弾みで電源ケーブルの接触が外れ、突如再起動して「??」となったことがよくある。なのでガムテープでテレビの裏にケーブルを貼り付けるなどの対策をとったが、その点は変更なし。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。