ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

賞金総額23億円!? eスポーツの世界がスゴい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

賞金総額23億円!? eスポーツの世界がスゴい!
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。5月9日(火)のオンエアは、格闘技ゲームなどコンピューターゲームの別名「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」に注目しました。

アジアオリンピック評議会は2022年の中国・杭州で開催されるアジア競技大会で、eスポーツを正式種目に加えると発表しました。ゆくゆくはコンピューターゲームがオリンピックの正式種目になる時代が来るのでしょうか?

eスポーツの普及・促進をサポートする企業「eスポーツコミュニケーションズ合同会社」代表執行役社長、筧誠一郎さんに詳しいお話をお聞きしました。

そもそもゲームがスポーツと言われ始めたのは、いつくらい前からなのでしょうか?

「スポーツという言葉は日本では“運動”とか“体育”というイメージで捉えられると思うんですけど、そもそも言葉の語源が“競技”という意味なんです」と筧さん。

日本ではコンピューターゲームというとスポーツとは別物と考えられていますが、海外では「スポーツ=競技するもの」なので、昔からコンピューターゲームも“スポーツ”の一種だったのだそうです。

世界では、1990年代の後半からeスポーツが盛り上がり始め、今では「賞金総額23億円の大会」「観客動員数4万人」といった規模になっているそう。一方、日本ではコンピューターゲームとスポーツは別物と考えられていたこともあり、盛り上がり始めたのは去年くらいから。賞金総額は5000万円クラス、観客動員数でも3000人と、海外からは少し遅れをとっているものの、これからさらに盛り上がりそうですね。

一言で「ゲームの競技」と言っても、ゲームにはスポーツ系はもちろん、パズル系、格闘系などいろんなジャンルがあります。eスポーツではどんなジャンルのゲームが対象なのでしょうか?

「実は海外のシーンと日本のシーンではちょっと状況が違っていまして、海外ではコンピューターでやる対戦ゲームが非常に盛んです。日本では馴染みがないんですが、例えば今人気があるのは“MOBA”、マルチオンラインバトルアリーナというジャンルが非常に人気なんです」(筧さん、以下同)

その代表的なタイトルが「リーグ・オブ・レジェンド」というゲーム。5対5で陣地を取り合うゲームなのですが、現在、世界中に7500万人ものプレイヤーがいるそう! 他にも戦争ゲームやスポーツゲームも人気で、代表的なタイトルに「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」や、昨年登場した「オーバーウォッチ」、スポーツゲームではサッカーの「FIFA17」が人気なのだそうです。

さらに、カーレーシングゲームで優勝した人の中には、実際にプロのレーサーにまでなっている人もいるのだとか!

:最近ですと、マクラーレンがeスポーツゲームの大会を開催し、そこで優勝するとマクラーレンに所属できるプログラムも始めました。
サッシャ:それだけゲームがリアルになっているから、ゲームが上手ければ当然、ドライビングも上手くなる域にまできてるんでしょうね。

「eスポーツは将来、オリンピックの種目になるんでしょうか?」というサッシャの質問に、「私どもは“なる”と考えております」と答えた筧さん。そのタイミングは2028年あたりになるのでは、とお考えのようです。

遠いようで近い未来。昔はゲームばかりやっていると親から怒られたものですが、これからは親からゲームを勧められる時代が来るかもしれませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。