ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

逆転の発想! いま大注目されている音楽レーベル

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

逆転の発想! いま大注目されている音楽レーベル
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。5月8日(月)のオンエアでは、シンガーのHiro-a-keyさんと、シンガー・ソングライターのMichael Kanekoさん、そしてお2人が所属するレーベル「origami PRODUCTIONS」代表の対馬さんをゲストにお迎えしました。

番組のテーマソングやジングルを作ってもらうなど、同番組と縁の深い「origami PRODUCTIONS」。2007年に対馬さんが立ち上げ、現在はShingo Suzukiさん、関口シンゴさん、Kan Sanoさん、mabanuaさん、そして今回のゲスト、Hiro-a-key さんとMichael Kanekoさんの6人のアーティストが所属しています。

対馬さんはもともとビクターでマネージメントの仕事をされていたのですが、どういう経緯で「origami PRODUCTIONS」を立ち上げられたのでしょう?

「メジャーレーベルでなかなかリリースできないアーティストが多数いたんですね。アメリカから帰ってきた人間が多くて、彼らが日々、セッションをしてたんです。いわゆるフリーのジャムセッションで…自由にやるスタイルなんですけど、それがすごくおもしろくて、彼らをどうにかサポートできないかなと思って」と対馬さん。

しかし、今のJ-POPの世界でフリーセッションをメジャーでやるのは難しいこともあり、ビクターを辞め、ご自身でマネージメントするべくレーベルを立ち上げたそうです。

対馬さん自身もおっしゃるように、フリーセッションは文字通り「自由」なため、Hip-Hop、ジャズ、ソウル、ロックなどジャンル分けできません。そのため、「例えば店舗に行くと、どのジャンルなのかってすごく聞かれるんですね。どのコーナーに置くかとか、英語で歌ってたりもするので、洋楽か、邦楽か、とか。カテゴリーで彼らは居場所がないというか…」と対馬さん。

しかしそれは裏を返せば、ロックフェスでもジャズフェスでも“どこにでも出られる”という強みだと対馬さん。その逆転の発想で活動を続け、今ではいろんなところに呼ばれるようになったそうです。

「origami」という名前の由来は、海外にも通じる日本の文化である「折り紙」から。紙が1枚あればなんでもできてしまう折り紙と、楽器1つあればどんな音楽でも奏でられるというレーベルのコンセプトとがぴったりだったからだそうです。

この日のオンエアではHiro-a-key さんとMichael Kanekoさんによる素敵なスタジオ生演奏も披露していただきました。今後は「origami PRODUCTIONS」のみなさんの個性が詰まったジングルにも注目して、「GOOD NEIGHBORS」を聴いてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。