ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オバマ元大統領の前でも演奏!大注目のイケメンシンガー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オバマ元大統領の前でも演奏!大注目のイケメンシンガー
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月8日(月)は月曜担当emmaとのコンビでお届けしました。

藤田がemmaに、知ってると周りに自慢できる素敵なナンバーを伝授する、月曜の人気コーナー「エマーミュージック」。毎回、emmaがいろんなタイトルコールを聴かせてくれるのもお約束ですが、この日は「初めて」という、アントニオ猪木のモノマネでスタートしました(笑)。

この日、藤田が紹介したナンバーは、リオン・ブリッジズの「Flowers」。リオン・ブリッジズはアメリカ・テキサス州出身で27歳のシンガー・ソングライター。元々ダンサー志望で、大学ではダンスを専攻していました。ギターを始めたのも大学に入ってからだったそう。しかし、家庭の事情でダンスの授業を受けられなくなってしまった彼は、お客さんにマイクを貸し出し、自由に歌わせているオープンマイクのバーで歌を歌う活動を始めます。

当初はギターを弾きながらHip Hopのビートに合わせたオリジナルソングを歌っていましたが、活動を続ける中で、古いソウルミュージックに目覚めます。音楽性がソウルミュージックに傾倒していく中で、音楽プロデューサーと出会いアルバムを制作。

「このアルバムは、いわゆるデジタルで最新の機材というよりは、昔馴染みのビンテージで収録されていて、実際の音も2010年代とは思えない、温かみのある“古き良き音”になっています」(藤田)

そんな彼のデビュー・アルバム「Coming Home」は、2016年グラミー賞の最優秀R&Bアルバム賞にもノミネートされ、ホワイトハウスでオバマ元大統領の前でもパフォーマンスを披露するなど、大きな注目を集めました。曲を聴く前にemmaにリオン・ブリッジズの写真を見せたところ、「めちゃめちゃオシャレでスーツ姿が印象的で、クラシックなスーツを着てて、すっごいかわいかったです」と、その古き良きアメリカンなファッションセンスをemmaもベタ褒め!

そして実際に今回のオススメナンバー「Flowers」を聴いた感想は…

「私、オーティス・レディングとかもすごく好きで、ちょっと雰囲気が似てていいなぁと思って。注目していきたいと思います!」とファッションだけでなく、音楽もお好みだったようです。

音楽だけでなくファッションにも大注目のアーティスト、リオン・ブリッジズ。みなさんもぜひチェックしてください!

■今回のオンエア曲
Shawn Mendes「There’s Nothing Holdin’ Me Back」
ポルカドットスティングレイ「本日未明」
Iggy Pop「Lust For Life(The Prodigy Remix)」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「HAPPY」
Machinedrum「U Betta」
Nulbarich「It’s Who We Are」
あいみょん「愛を伝えたいだとか」
Buzzcocks「Everybody’s Happy Nowadays」
YeYe「awake」
Kendrick Lamar feat. Rihanna「Loyalty」
Leon Bridges「Flowers」
Paramore「Hard Times」
夜の本気ダンス「SHINY」
YODAKEE feat. いつか(Charisma.com)「いないいないばぁ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。