ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

公園だけじゃない!良いことたくさん♪ ママも子どもも楽しめる、ご近所の遊び場 by チカ母

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乳幼児期の子どもと遊びに行く場所と言えばやっぱり児童館じゃないでしょうか。

冷暖房完備オモチャもたくさんあって、お母さん同士のコミュニケーションも取れる。 前回エピソード:「うちの子可愛いいぃぃぃぃ!!!」産まれてから180度変わった、子どもの価値観 by チカ母

我が家の近くの児童館では、たまに開催するイベントで

・親子で手遊び

・身体測定

・育児相談

がありました。

友人の行っていた児童館では、夏場は水遊びも出来たそうです。

児童館と同じくらいお世話になったのが、近隣の保育園の園庭解放でした。

f:id:akasuguedi:20170427135622p:plain

公園の遊具ではまだ遊べるものが少なかったので、幼児向けの遊具が多い保育園は娘がとても楽しそうでした。

f:id:akasuguedi:20170427135706p:plain

三輪車やお砂場道具、ボールにフラフープと遊ぶものは沢山ありますし、手洗い場やトイレが幼児に合わせた作りになっているのも嬉しいところです。

また、園によっては親子で参加するイベント(体操や工作)を開催していたり、育児相談が出来るところもありました。

園によって、開放時間などは本当に様々なのですが、中には、

・平日は毎日、午前も午後も開放

・土曜日も開放

・園庭だけでなく、室内も開放

・お昼ごはんも持ち込んで食べられる

なんていうところもありました。

公園が遠かったり、まだ公園の遊具は早いかなというときには是非お近くの保育園・幼稚園に聞いてみてください。

あと、意外と良い遊び場情報が手に入るのが、地域情報が載っているフリーペーパー

f:id:akasuguedi:20170427140149p:plain

近くで開催されている、子供向けのイベント情報が載っていたりします。

子どもが産まれるまでは、子どもの遊び場といえば公園だと思っていたのですが、娘を育てていく中で、いろいろなところがあるのだと知りました。 関連エピソード:公園よりも安心&楽しい! 春からの外遊びデビューに保育園の園庭解放がオススメ

f:id:akasuguope02:20160124013906p:plain著者:チカ母

年齢:30歳

子どもの年齢:2歳

2014年6月に娘・チカを出産。同年8月より育児絵日記ブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」を開始。抱っこが大好きな娘のお陰で、腕だけやたらとたくましいお母さんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

楽しい日々
お国柄、泳ぎは必須! 初めての親子スイミングはカルチャーショックも満載@オランダ
腰痛持ちだけど息子と遊んであげたいパパ。どうやったら喜ぶのか試行錯誤した結果…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。