ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

尾崎世界観、「CD」について思うこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

尾崎世界観、「CD」について思うこと
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。5月8日のオンエアでは、クリープハイプ・尾崎がCDへの思いを語りました。

そのきっかけは、リスナーからの「CDの需要が減っていく中、世間はCDをどう思っているんでしょうか。CDってどんな存在になるんでしょうか。尾崎さんはどう思いますか?」というメール。

この質問に対して「難しいですよね…。どうしても自分は、CDを買っていたというか、CDがすごく当たり前だった時代に学生時代を過ごしているので…」とCDへの愛情を感じさせる言葉を漏らす尾崎。

そのため、少し前までは音楽の配信についても「ちょっと嫌だな」と思っていたこともあったそうです。でも「だんだんと配信のいい所もわかってきたので、曲をちゃんと作れていれば関係ないなと思えるようになりましたね」と心境の変化を明かしていました。そのきっかけになったのは、先日リリースされたクリープハイプの楽曲「イト」とのこと。「とにかく聴いてもらいたい、そういう曲を作ればいいんだな」と思うようになったのだとか。

そして尾崎はこう続けました。

「CDで買ってほしいっていうのは一番にありますけど。CDじゃなくても、たまたま街で聴いてもらっても、YouTubeで見てもらっても、無料で聴いてもらっても、構わないと思える…それでも聴いてもらいたいと思える曲を作り続ければ、この問題は解決するのかなと、自分では思いましたね。自信がないから『CDで買ってほしい』って思ったりしてたのかなと思いました。『お金を出してもらわないと意味がない』とか…。本当によければ、街中で聴いてもその後ライブに来てくれるし、CDも買ってくれるだろうし」(尾崎)

「1曲1曲、どんな聴かれ方をしてもそれが正しいと思えるような曲をこれからも作っていきたいと思いました。もちろんCDを買ってくれるのは嬉しいので。一番はCDを買ってほしいですね…よろしくお願いします」と自分の気持ちをリスナーに伝える尾崎でした。

この日の放送では他にも、尾崎と同じくヤクルトスワローズファンだというthe peggiesの北澤ゆうほさんからのヤクルト愛を感じるメッセージも届いていました。さらに「歌いあげてますか?」のコーナーの新しいテーマソングを決める試みで尾崎のテンションが異様に上がる一面もありました(笑)。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。