体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASOの施策にも役立つ!App StoreとGoogle Playを徹底比較

本稿は、Eminesoftのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Eminesoftの編集長でありマーケターのEllina Bereza氏によって投稿されました。

 

モバイル業界は今人気の最高潮にあります。

モバイルアプリは、ビジネスの中心であり、成功と利益に大きく影響します。世界中の何百万人ものユーザーがモバイルアプリケーションを毎日利用しており、その数は常に増加しています。そのためこの需要の多い分野でお金を稼ごうとしている人も増えてきています。

モバイルアプリの分野には大企業も中小企業も参加していますが、この市場に長くいた企業と競争する必要があります。競争の程度を評価するためには「App Store」と「Google Play」を開いてどのようなアプリケーションが提供されているのかを見てみましょう。

ここでApp StoreとGoogle Playの最適化に関する比較を詳しく見ていきます。

 

一般情報

この市場のリーダーは、App StoreやGoogle Playのような巨人です。AndroidとiOSユーザーの2つの対立したキャンプを代表しています。

App StoreとGoogle Playには共通する点が多くありますが、いくつか違っているところもあります。

 

App StoreとGoogle Play

品質 vs.可用性:Androidはしばしばアプリケーションの質の低さで批判されます。それに対してAppleはApp Storeで公開される前に品質を管理しています。Androidのポリシーはユーザーからすると口惜しいことですが、開発者にとってはデプロイメントの手順を簡単にしているといえます。
有料アプリ vs.無料アプリ:Androidではデベロッパーアカウントへの登録料がとても安いため、たくさんのアプリが公開されます。そしてGoogle Playのアプリはほとんどが無償です。App Storeでは大半のアプリが有料となっています。
ダウンロード数 vs.アプリケーション数:両者がほぼ同じ数のアプリを公開しており、App Storeのダウンロード率が2倍以上であったことが明らかになっています。

これらは完全なリストというわけではありませんが、その見解ははっきりとしています。

App StoreとGoogle Playそれぞれでアプリケーションを効果的に売り込むために、両者の特性を計算に入れなければなりません。従ってGoogle PlayとApp StoreにASOを適応する必要があります。

 

Google PlayとApp Storeのアプリストア最適化

「ASO」とは、アプリケーションストアの最適化のことで、App StoreとGoogle Playの検索結果でアプリの可視性を高めるための方法を指します。ASOの用途は、はっきりしています。検索結果で上位であるほど、アプリの収益は増加するということです。

1 2 3 4次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会