ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ASOの施策にも役立つ!App StoreとGoogle Playを徹底比較

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本稿は、Eminesoftのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Eminesoftの編集長でありマーケターのEllina Bereza氏によって投稿されました。

 

モバイル業界は今人気の最高潮にあります。

モバイルアプリは、ビジネスの中心であり、成功と利益に大きく影響します。世界中の何百万人ものユーザーがモバイルアプリケーションを毎日利用しており、その数は常に増加しています。そのためこの需要の多い分野でお金を稼ごうとしている人も増えてきています。

モバイルアプリの分野には大企業も中小企業も参加していますが、この市場に長くいた企業と競争する必要があります。競争の程度を評価するためには「App Store」と「Google Play」を開いてどのようなアプリケーションが提供されているのかを見てみましょう。

ここでApp StoreとGoogle Playの最適化に関する比較を詳しく見ていきます。

 

一般情報

この市場のリーダーは、App StoreやGoogle Playのような巨人です。AndroidとiOSユーザーの2つの対立したキャンプを代表しています。

App StoreとGoogle Playには共通する点が多くありますが、いくつか違っているところもあります。

 

App StoreとGoogle Play

品質 vs.可用性:Androidはしばしばアプリケーションの質の低さで批判されます。それに対してAppleはApp Storeで公開される前に品質を管理しています。Androidのポリシーはユーザーからすると口惜しいことですが、開発者にとってはデプロイメントの手順を簡単にしているといえます。
有料アプリ vs.無料アプリ:Androidではデベロッパーアカウントへの登録料がとても安いため、たくさんのアプリが公開されます。そしてGoogle Playのアプリはほとんどが無償です。App Storeでは大半のアプリが有料となっています。
ダウンロード数 vs.アプリケーション数:両者がほぼ同じ数のアプリを公開しており、App Storeのダウンロード率が2倍以上であったことが明らかになっています。

これらは完全なリストというわけではありませんが、その見解ははっきりとしています。

App StoreとGoogle Playそれぞれでアプリケーションを効果的に売り込むために、両者の特性を計算に入れなければなりません。従ってGoogle PlayとApp StoreにASOを適応する必要があります。

 

Google PlayとApp Storeのアプリストア最適化

「ASO」とは、アプリケーションストアの最適化のことで、App StoreとGoogle Playの検索結果でアプリの可視性を高めるための方法を指します。ASOの用途は、はっきりしています。検索結果で上位であるほど、アプリの収益は増加するということです。

ASOには自分の力でコントロールできるものとそうでないものがあります。

例えば、フィードバックや対象ユーザーの関与をこちらが制御することはできません。それでもアプリのコンテキストの要素、つまりアプリページに表示されるコンテンツを管理することはできます。

このコンテンツ部分はランキング内の位置を改善することに大きく貢献します。それでは、Google PlayとApp Storeのアプリストアの最適化を適用しながらそれぞれの違いを見ていきましょう。

 

アプリのタイトル

アプリの名前は、人気とダウンロード数に大きく影響します。アイコンと同様にユーザーが最初に見るもので、アプリケーションのページに移動するかどうかを決定付けます。

そのためクリエイティブであるというだけではなく、それぞれのストアの検索エンジンに関する原則を知っておく必要があります。App Storeの検索エンジンは正確に一致するものだけを結果として出しており、アプリタイトルにキーワードを含めることでアプリランクを10%上げることができます。

しかし他と共通のキーワードを使用していると、類似した名前の中で姿を消してしまいユーザーに見られなくなることがあります。対策としては、そのアプリを独特に説明するタイトルを使うことでしょう。

 

アイコン

成功するマーケティング戦略2つ目は、適切なアイコンです。ここでの「適切な」とはどういう意味でしょうか?それは単純な話ではありません。
両方のストアで公開されている同一アプリは、アイコンが全く同じであることが望ましいです。
アイコンでタイトルを繰り返すのは避けたほうがよいでしょう。
ユーザーの目を引くシンプルなアイコンを選び、アプリ自体のデザインを模倣します。

モバイルデバイス上ではっきりと表示されるためには、アイコンがうるさくないことが大事です。

 

スクリーンショット

ユーザーは、スクリーンショットによってアプリの説明を読むかどうかを判断することがあります。アプリのアイコンとデザインを統一すると、高品質であるとユーザーに感じさせることができます。他にもいくつかのアイデアがあります。
できるだけたくさんの画面を表示させましょう。アプリの内容について詳しく知ってもらうチャンスです。
画像の解像度が充分に高い場合はいくつかに分け、複数のスクリーンショットを追加します。
ユニークさを強調する:最初のスクリーンショットにはアプリの一番面白いところを表示させます。

この3点は、App StoreとGoogle Play共通の要素であり、最適化することで両方のダウンロードを増やすことができます。また、これらの要因はそれぞれのサービスで異なった効果を持つものと比べるとそこまで重要ではありません。

 

アプリケーション説明文

アプリの説明文は最初に思い浮かぶものですが、さきほどの3つの要因と同様ランク付けにはあまり影響しません。App Storeではキーワードの関連性はアプリの説明文には適用されません。そのため、説明文はGoogle Playにおいて強い影響力を持つといえます。

App Storeでは、アプリ説明は検索エンジンに向けたものではなくユーザーが読むものとされています。つまりテキスト内の言葉でユーザーを説得することが大事です。Google Playの場合は説明文はタイトル・作者・コメントと同様にインデックスされているため、ASOに利用することができます。
最初の2行にはアプリの中心となる部分・ユニークな機能を記述し、スクロールして「もっと見る」をクリックする必要がないようにします。App Storeでは360文字使うことができますがGoogle Playでは80文字だけになります。ユーザーが興味を持ってさらに読みたくなる文章にしましょう。
すべての機能について長く退屈な説明文を用意する必要はありません。大事な機能に焦点を当て、簡単な言葉で表現しましょう。
あまりにもキーワードが埋め込まれた文章は嫌われます。キーワードを乱立せず、自然なテキストにすることが大切です。

他にもいくつか、あまり重要ではありませんがASOで利用することができる機能があります。

 

カテゴリ

アプリの検索しやすさに有効ですが、App StoreとGoogle Playでは異なった方法で設置されています。

App Store

プライマリとセカンダリの2つのカテゴリを設定することができます。
カテゴリが実際にアプリに適合するかAppleによって検証されます。

Google Play

カテゴリは1つだけ設定可能です。
適合に関する検証は行われません。

 

多言語化

アプリの説明を色々な言語にローカライズすることで、アプリ配信の範囲が広がります。

外部リンク

Google Playにのみ影響しますが、App Store側にも間接的に影響を与える可能性があります。

キーワード

App Storeには、キーワード用の特別なフィールドが存在します。

 

まとめ

モバイル開発業界の驚くべき成長によってGoogle PlayとApp StoreのASOは最上級のものとなっています。

各ストアごとにアプリのランク付けは少し異なり、その違いを捉えておく必要があります。要約するとApp Storeが製品の品質でユーザーを引きつけるとき、キーワードはGoogle Playで強い影響力を持ちます。それはApp StoreとGoogle Playの違いの中核であり、両者の戦いで起こるものです。

他の相違点は技術的な性質を持ち、製品ページのテキストコンテンツを調整することで管理できます。皆さんがASOに関する知識を一般化させ、二強アプリストアの違いを明らかにするのにこの記事が役立つでしょう。

 

また、TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。

期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。